FX用語集|海外FXの口座開設なら海外FXお役立ちガイド

口座開設

FX用語集

英数字

FFレート

FFレート(Federal Funds Rate)とは、アメリカの民間銀行が短期金融市場で資金を調達する際に適用される金利です。米国の代表的な短期金利の指標で、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策の誘導目標とされています。

FRB|海外FXお役立ちガイド

アメリカの民間銀行は預金預かり高に応じて、連邦準備銀行に預金残高の一定割合を準備金として預け入れることが義務付けられています。この準備預金のことを「フェデラル・ファンド」と呼びます。このフェデラル・ファンドが不足している銀行は、短期市場にて資金を調達する必要があるのですが、この資金調達にFFレートが適用されています。

繰り返しになりますが、FRBは金融政策の一環でFFレートの調整をして、国内の通貨流通量を操作します。この金利変動はドル円などFX相場の変動に大きな影響をもたらします。

一覧に戻る