FX用語集|海外FXの口座開設なら海外FXお役立ちガイド

口座開設

FX用語集

さ行(さ・し・す・せ・そ)

ストップロス

ストップロス(Stop Loss)とは、株式取引やFX取引などにおいて、現在発生している含み損を確定させる取引のことを言います。英語名から、「S/L」と表記されることもあります。また、「損切り」とも呼ばれます。

含み損|海外FXお役立ちガイド
損切り|海外FXお役立ちガイド

 FX取引では、経済指標の結果や突発的なニュースなどにより、為替レートが自分の想定とは反対の動きをして、含み損を抱えてしまうことがしばしば起こります。FX会社による含み損の強制決済(ロスカット)を防ぐため、損失を許容範囲に抑えるストップロスが重要な戦略となります。

「いつかトレンドが転じる」「そのうち、評価益に変わる」という期待を捨て去り、自分があらかじめ決めた水準で損切りをすることがFX取引で成功するためには不可欠です。どうしても自分の手で損切りができない場合には、現在保有しているポジションにS/L価格を設定しておくことで、自動的にストップロスが発動するようにしておくことをおすすめします。

逆に、現在発生している含み益を確定させて利益を限定させる取引のことを、テイクプロフィットと言います。

テイクプロフィット|海外FXお役立ちガイド

一覧に戻る