【初心者FX】人気インジケーター「MACD」をトレードに活用しよう

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

見出し写真

皆さん、こんにちは。海外太郎です。


日本にまた台風が接近しているようですね。今年の夏は暑かったり急に冷え込んだり体調管理が難しそうです。。夏バテ、夏風邪、熱中症にはくれぐれもお気を付けください。


さて、8月に入りました。一般的にこの時期は世界共通で夏休みシーズンであり、取引量が減少するため、「夏枯れ相場」なんて呼ばれることが多いですね。


この時期はボラティリティが大きいため突拍子もないタイミングで乱高下したり、かと思えば、凪の海のように無風状態になったり、トレードの判断が難しくなります。


そんな8月の相場で活用をおすすめしたいのがMACD(マックディー)というインジケーターです。下のチャート図の画像で、赤枠で囲った部分がMACDになります。

MACD 01


MACDとは

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence Trading Method」の略称で、「移動平均収束拡散手法」と日本語で呼ばれています。


このツールは、アメリカの投資顧問会社シグナラート・コーポレーション社のジェラルド・アペル氏によって1979年に開発されました。


MACDは、MACD線と呼ばれる棒グラフとシグナルと呼ばれるグラフの2つから構成されています。

MACD 02


MACDにはどんな効果があるのか?

では、MACDは実際のトレードにどのように活用できるのでしょうか。最初にまとめてしまうと、


・エントリーシグナルとして
・トレンドの転換/継続の確認目安に

利用することができます。


エントリーシグナルとしてのMACD

まず、移動平均線のように、MACD線とシグナルの交差する形から買いシグナルと売りシグナルを判断できます。


MACD線がシグナルを下から上に突き抜けている状態を、買いシグナルとみなします。

MACD 03


上の画像はユーロ円にMACDを追加しているのですが、画像の買いサインのタイミングで、確かにユーロ円が底を打ち、上昇しているのが分かります。


そして反対に、MACD線がシグナルを上から下に突き抜けている状態を、売りシグナルとみなします。

MACD 04


先週のユーロ円を見てみると、売りシグナルのタイミングで、ユーロ円が天井にぶつかり、下落しているのが分かります。


トレンドの転換・継続の目安としてのMACD

価格チャートとMACD線の状態を比較することで、トレンドが継続するか、転換するかを判断することができます。


例えば、価格チャートが値下がりしているけれども、MACD線は上昇を占めしている場合、トレンドの転換が近いと判断できます。

MACD 05


そして、価格チャートとMACD線が同じ方向で動いている場合には、トレンドは継続していくと判断できます。これは直観的に分かりやすいかと思います。

MACD 06



以上、今回はMACDの使い方について説明してみました。一目均衡表のように、とっつきにくい印象がありますが、使ってみるとかなり便利なツールですので活用してみてはどうでしょうか。因みに、一目均衡表の使い方は以下のページをご参照ください。

【初心者FX】トレードで迷った時はインジケーターを参考にしてみよう|海外FXお役立ちガイド


★クイック口座開設と確実な入出金 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


★低スプレッド・高速約定が人気の TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設


夏の口座開設キャッシュバック、遂に始まりました!
10周年記念のため、現在最大23,000円キャッシュバック中!
夏の口座開設キャンペーン


★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加

上の友達追加ボタンをスマホでタップすると、LINEが立ち上がりますので、友達追加をお願いします。また、PCでクリックするとQRコードが立ち上がりますので、LINEで読み取っても追加できます。または、LINE ID「@kaigaifx」で検索してください。