【初心者FX】トレードで迷った時はインジケーターを参考にしてみよう

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

見出し写真

みなさん、こんにちは。海外太郎です。


ここ数週間、主要通貨ペアの相場が荒れています。


景気過熱への懸念、
機関投資家が投資の目安にしているVIX指数(ボラティリティ指数)の上昇、
各国要人の発言、


などが円買い材料にされており、事前に先行きが見通しにくい相場環境になっていますね。


こういう局面では突飛なことはせず、昔から投資の世界にある「Trend is your friend(相場のトレンドはあなたの友人である)」という格言に従って、トレンドに逆らわないトレードが定石になります。


でも、FXを始めたばかりでまだ慣れていない方は、「トレードの目安になるヒントが欲しい!」と思うこともあるのではないでしょうか。


そんな時には、取引プラットフォームに内蔵されているインジケーターを利用してみてはいかがでしょう?


今回はおすすめのMT4/MT5内蔵のインジケーターをご紹介します。


★かんたん口座開設、盤石の取引条件で人気! BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設



日本生まれの人気指標 一目均衡表

まず最初にご紹介するのは、「一目均衡表」です。


戦前の著名株式評論家であった細田悟一氏(通称・一目山人)が提唱したテクニカル指標です。


株式市場からスタートしたインジケーターですが、FXでも問題なく適用できる応用範囲が広いツールで、下図のように3つのラインと「雲」から構成されています。

一目均衡表01


ごちゃごちゃ理屈をこねくり回すつもりはないので、効果的な使い方だけをご説明します。


MT4(またはMT5)のナビゲーターウィンドウに、「Ichimoku」というインジケーターがあります。これが一目均衡表です。

一目均衡表02


これを、適用させたいチャート画面にドラッグ&ドロップしましょう。すると、確認画面が出ますので、「OK]をクリックします。

一目均衡表03


一目均衡表がチャート画面に適用されました。

一目均衡表04



チャートが「雲」の上か下かが投資シグナル

冒頭の図で示したように、一目均衡表は「雲」と呼ばれる領域に特徴があります。


チャートがこの一目均衡表の「雲」を下に割り込んだか、または「雲」の上に突き抜けたか、というタイミングをトレードに活かすという戦略が一目均衡表の基本的な使い方です。


先に上げたチャート画面は本日のドル円なのですが、今まさにチャートが雲を突き抜けましたね。

一目均衡表05


チャートが「雲」を下から上に突き抜けた場合、一般的に買いシグナルと判断されます。


一方、チャートが「雲」を上から下に割り込んだ場合、売りシグナルであると判断されます。



これが一目均衡表の使い方になります。


インジケーターにはたくさん種類がありますが、今回は最も歴史の長いインジケーターの1つである一目均衡表をご紹介しました。


このように、インジケーターはFX取引の意思決定を助けてくれるものばかりです。是非、利用してみてください!



★かんたん口座開設、盤石の取引条件で人気! BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


大好評の海外FX10周年記念キャンペーン、2月末まで延長中!
今なら、BigBossの口座開設キャッシュバックが23,000円です!海外FXお役立ちガイド10周年キャッシュバック


★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加


上の友達追加ボタンをスマホでタップすると、LINEが立ち上がりますので、友達追加をお願いします。また、PCでクリックするとQRコードが立ち上がりますので、LINEで読み取っても追加できます。


または、LINE ID「@kaigaifx」で検索してください。