【2018年8月2週目】今週のFX取引戦略

見出し写真

週末に熱中症ぎみでダウンしてしまい、昨日は更新をお休みしておりました。すみません。1日しっかり休養を取りなんとか回復しましたので、今日から改めて通常通り更新していきます。


クロス円通貨ペアの上昇は1週間足らずの期間限定だったようです。まさに三日天下の様相で、とりわけユーロ円とポンド円では円買い圧力が顕著でした。まだまだ底が見えません。ドル円はなんとか下げ止まったようですが、ここからどう動くのでしょうか。


まずは、今週発表予定の重要イベント・指標を見ていきましょう。

★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加


今週発表される重要指標

今週これから発表される重要指標・イベントをざっとまとめてみます。

8/7(火)
・日本時間15:00 独6月鉱工業生産(市場予想前月比-0.5%)
・日本時間26:00 米3年物国債入札


8/8(水)
・日本時間08:50 日6月国際収支・経常収支(市場予想8,220億円)
・日本時間21:45 リッチモンド連銀総裁講演
・日本時間26:00 米10年物国債入札


8/9(木)
・日本時間08:50 日6月機械受注(市場予想前月比-1.3%)
・日本時間21:30 米7月PPI(市場予想前月比+0.3%)
・日本時間23:00 シカゴ連銀総裁講演
・日米閣僚級貿易協議


8/10(金)
・日本時間08:50 日2018Q2GDP(市場予想前期比+0.3%)
・日本時間17:30 英6月鉱工業生産指数(市場予想前月比+0.4%)
・日本時間17:30 英6月製造業生産指数(市場予想前月比+0.3%)
・日本時間17:30 英2018Q2GDP(市場予想前月比+0.4%)
・日本時間21:30 米7月CPI(市場予想前月比+0.2%)


アメリカ雇用統計、日銀金融政策会合、英MPC、と重要イベントが集中した先週と比べると、今週はかなり小粒です。


アメリカ長期金利の目安となることから、米国10年債の入札結果は重要と言えます。10年債利回りが上昇すればドル円は買われるでしょう。


経済指標に関していえば、日GDP、英生産指数、英GDP、米CPIが一般的に相場に影響を及ぼすデータです。8月に入り休暇中の市場参加者が出てきているため、ボラティリティは高くなるのではないかと思われますので、相場の動きには注意しましょう。


個人的には、木曜日にワシントンで開催予定の日米貿易協議の合意内容に注目しています。輸入制限や関税の適用除外が実現するかどうかが焦点です。


ドル円

先週のドル円は、8月1日を前後して流れが変わりました。

今日のドル円


週前半はADP雇用レポートと雇用統計への期待感から112.15円まで買いが進みましたが、トランプ大統領が対中追加関税を指示したことにより、ドルが売られ始めます。


111.40円で下げ止まり、雇用統計発表直前には111.80円まで戻しましたが、

・非農業部門雇用者数:+15.7万人(予想+19.3万人)
・失業率:3.9%(予想3.9%)
・平均時給:+0.3%(予想+0.3%)


となり、ドル円は一時111.10円近くまで急落しました。週明け月曜は111.50円近辺まで戻しましたが、再びジリジリと下げています。


今週の取引方針は中立とします。今週はめぼしい指標がないことから、レンジ相場の展開になるのではと個人的に考えています。111.50~111.00円の幅で推移すると思われるため、このレンジで売買を刻んでいきたいですね。


★クイック口座開設と確実な入出金 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設



ユーロ円

7月末で131円まで上昇していたユーロ円ですが、8月に入るとわずか数日で2円以上下落する忙しい展開となりました。

今日のユーロ円


先週前半はEUおよび独仏の経済指標がユーロ円の伸びを後押ししていましたが、対中追加関税を受けて、米EUの通商交渉に関する懸念からユーロが売られる展開に。。


雇用統計ショックにつられてユーロ売りは加速し、週明け後ようやく下げ止まったかに思われます。


今週の取引方針は売りを継続します。ただし、今のところ値動きは大きくないので、売りエントリー価格は128.90円においてみます。利食いは129.55円、損切りは129.25円にそれぞれ設定します。


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設



ポンド円

先週はBOEの思惑とは異なり、大きく下げる展開となってしまいました。

今日のポンド円


前回の記事で説明した通り、BOEは当初の示唆通り政策金利を+0.25%引き上げ、強気な景気見通しを発表しました。しかし、その見通しに冷や水を浴びせるかのようにポンドが売られ、一時145円割れ目前となります。


その後も下げ止まらず、144.60円で金曜クローズを迎えました。週明け月曜も底を打つことは無く、さらに一段下げ現在は114.05~08円で取引されています。


BOEが満を持しての利上げを実施し、MPC参加者がタカ派な見通しを示したのにもかからわず、市場が逆の反応をしたというのは非常に興味深い結果ですね。FXはそう単純ではないようです。。。


さて、今週の取引方針は売りとします。戻り売りをしたいので、144.40円でエントリー、144.00円で利食い、144.75で損切り、と設定します。


★低スプレッド・高速約定が人気の TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設


以上、ドル円、ユーロ円、ポンド円についてトレード戦略を考えてみました。あくまでも筆者の個人的な見解なので、参考程度でご活用ください。



★クイック口座開設と確実な入出金 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


★低スプレッド・高速約定が人気の TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設



大好評の海外FX10周年記念キャンペーン、8月末まで延長中!
今なら、BigBossの口座開設キャッシュバックが23,000円です!
海外FXお役立ちガイド10周年キャッシュバック


夏の口座開設キャッシュバック、遂に始まりました!
10周年記念のため、現在最大23,000円キャッシュバック中!
夏の口座開設キャンペーン


TradersTrsutとのコラボ企画、実施中です。
当サイトの口座開設キャッシュバックと併せて、TradersTrustからのリベートもゲットしましょう!
TradersTrustキャッシュバックリベート


★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加

上の友達追加ボタンをスマホでタップすると、LINEが立ち上がりますので、友達追加をお願いします。また、PCでクリックするとQRコードが立ち上がりますので、LINEで読み取っても追加できます。または、LINE ID「@kaigaifx」で検索してください。

      

マーケット情報の最新記事


その他、マーケット情報の関連記事はこちら