FX用語集|海外FXの口座開設なら海外FXお役立ちガイド

口座開設

FX用語集

ら行(ら・り・る・れ・ろ)

ロスカット

ロスカットとは、保有しているポジションの評価損がある一定レベルに達した際に、強制的に損切り注文を実行する機能のことを指します。FX会社では、証拠金維持率をロスカット発動条件の尺度とするのが一般的です。ロスカットの引き金となる証拠金維持率のパーセントはFX会社ごとに異なります。

損切り|海外FXお役立ちガイド

ロスカットは各国金融当局より義務付けられている措置であり、顧客が負う損失が膨らまないようにするために導入されています。通常、FX会社では、ロスカットが発動する前に、マージンコールが警告として発動します。

マージンコール|海外FXお役立ちガイド

レバレッジを掛けて自己資金以上のトレードができるFX取引やCFD取引では、ロスカットが発動しても、しばしば損失額が口座残高を上回ってマイナス残高が発生することがあります。国内FX会社では、マイナス残高が発生したら追証(追加証拠金)の入金が課されます。

追証|海外FXお役立ちガイド

海外FX会社では、マイナス残高を自動的にリセットしてくれるゼロリセットシステムがある点で、国内FX会社よりも魅力的です。

一覧に戻る