cTrader操作ガイド|海外FXの口座開設なら海外FXお役立ちガイド

口座開設

cTrader android編

cTraderの指値注文方法

cTraderスマホアプリ 指値注文の手順

「USDJPY(米ドル/円)」を例に、指値注文の手順をご紹介します。
※指値注文についての解説は以下の記事をご覧ください。


指値注文とは|海外FXお役立ちガイド

cTrader Android 指値注文方法01

cTraderアプリの気配値画面にて、「USDJPY」の気配値近くをタップします。

cTrader Android 指値注文方法02

新規注文画面が表示されました。まずは、USDJPYの指値買い注文をご説明します。

cTrader Android 指値注文方法03

注文種別を選択します。「Limit」が指値注文を意味しますので、これを選んでください。

cTrader Android 指値注文方法04

買い指値か売り指値かを決定します。「買い指値」を選択します。
「買い指値」の文字が緑色にハイライトされたら正しく選択できています。

cTrader Android 指値注文方法05

続けて「発注価格」「Quantity(取引数量)」を入力します。入力欄をタップするとキーボードが出てきますので、希望の価格と数量を入力してください。

cTrader Android 指値注文方法06

最後に「Place Order」をタップします。
※「Quantity」は、1k=1000通貨(0.01lot)、10k=10,000通貨(0.1lot)、100k=100万通貨(1.0lot)を意味します。/b>

cTrader Android 指値注文方法07

注文種別として「Stop」を選択した後、「売り逆指値」を選択します。
「売り指値」の文字がオレンジ色にハイライトされたら正しく選択できています。

cTrader Android 指値注文方法08

注文一覧画面に、指値買い注文が追加されました。

cTrader Android 指値注文方法09

次に、USDJPYの指値売り注文の手順をご紹介します。
注文種別として「Limit」を選択した後、「売り指値」を選択します。「売り指値」の文字がオレンジ色にハイライトされたら正しく選択できています。

cTrader Android 指値注文方法10

「発注価格」「Quantity(取引数量)」を入力したら、「Place Order」をタップします。
注文一覧画面に、指値売り注文が追加されました。