【2018年9月4週目】今週のFX取引戦略

見出し写真

先週はクロス円通貨ペアが大きく動きましたね、とくにユーロとポンドが上昇トレンドに入りました。


ブレグジットに関して、EUとイギリスがハードブレグジット(合意なしの離脱)を避けるために妥協点を見出し始めている雰囲気であることが関係者の発言から示唆されており、市場心理が改善したことが大きいですね。


ドルも底堅く、まだまだ買い支えられそうです。


それでは、今週発表予定の重要イベント・指標を見ていきましょう。

★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加

現在、公式LINEアカウントにて9/21(金)クローズ時点のドル円レートを予想する「ドル円レートレース」を実施中です。ピタリ賞10万円、ニアピン賞5万円×10の高額賞金がもらえちゃいます!お気軽にご参加ください。
img_raterace.png


今週発表される重要指標

今週これから発表される重要指標・イベントをざっとまとめてみます。

9/18(火)
・日銀金融政策決定会合1日目
・日本時間16:30 ドラギECB総裁発言
・日本時間23:00 米9月NAHB住宅市場指数(市場予想66)


9/19(水)
日銀政策金利発表(市場予想-0.10%)
・日本時間08:50 日8月貿易統計(市場予想-4,832億円)
・日本時間15:30 黒田日銀総裁記者会見
・日本時間17:30 英8月消費者物価指数(市場予想前年同月比+2.4%)
・日本時間21:30 米8月住宅着工件数(市場予想124.0万件)
・日本時間22:00 ドラギECB総裁発言


9/20(木)
・日本時間17:30 英8月小売売上高指数(市場予想前月比-0.2%)
・日本時間21:30 米9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(市場予想16.0)
・日本時間23:00 EU9月消費者信頼感(市場予想前月比-2.0)
・日本時間23:00 米8月景気先行指標総合指数(市場予想前月比+0.5%)


9/21(金)
・日本時間08:30 日8月全国消費者物価指数(市場予想前年同月比+1.1%)
・日本時間15:45 仏2018Q2GDP確定値(市場予想前期比+0.2%)
・日本時間16:15 仏9月製造業PMI速報値(市場予想53.4)
・日本時間16:15 仏9月サービス業PMI速報値(市場予想55.2)
・日本時間16:30 独9月製造業PMI速報値(市場予想55.7)
・日本時間16:30 独9月サービス業PMI速報値(市場予想55.0)
・日本時間17:00 EU9月製造業PMI速報値(市場予想54.5)
・日本時間17:00 EU9月サービス業PMI速報値(市場予想54.4)
・日本時間22:45 米9月製造業PMI速報値(市場予想55.0)
・日本時間22:45 米9月サービス業PMI速報値(市場予想55.0)


今週のハイライトは、日銀政策金利、黒田日銀総裁会見、ドラギECB総裁発言となります。全国消費者物価指数も気になるところですが、これら3つに比べると相対的にインパクトは小さいかなという感じです。ドラギ総裁の発言は火曜水曜と連続してあるので、ご注意ください。


ドル、ユーロ、ポンド全てに関連して、PMIが発表されるの今週の特徴です。先週からユーロとポンドは指標やイベントに素直に反応するようになっているので、これら一連の経済指標の結果も相場に影響があるものと追われます。


ドル円

先週のドル円は、市場全体がリスクオンになった恩恵を受けて力強く推移しました。

今日のドル円


重要指標もそれほど多くなく、市場心理の改善により得ドル円にも買いが入り、1ヶ月振りに112円台まで価格が回復。一時112.15円まで乗せました。


週後半には対中追加関税第3弾に対する情報が錯綜し、ところどころ売られましたが、111.90~112.00円の水準を維持して金曜クローズを迎えました。対中関税については、昨日正式な発表があり、24日に3回目の追加関税を導入することが決まりましたね。

米、対中関税第3弾を24日発動 家具や家電、年内10% |日本経済新聞


日本の祝日だった昨日、この報道によりドルは売り圧力が優勢になりました。それでも、111.67円で下げ止まり反転上昇を迎えています。現在も112円の水準をトライしています。


今週の取引方針は引き続き買いです。111.70円で押し目買いをしてみようかと思います。利益確定を112.10円、損切りを111.45円、と設定します。


★クイック口座開設と確実な入出金 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設



ユーロ円

ユーロ円はブレグジットに関する懸念後退、そしてドラギ総裁発言により、週を通して大きく買われました。

今日のユーロ円


バルニエEU主席交渉官の発言により、EU離脱交渉において何からの妥協点を模索する展開になることが示唆され、ユーロならびにポンドに積極的な買いが入りました。月曜から着実に上昇し、129.50円台へ。

英EU離脱交渉、8週間以内の合意成立は「現実的」|ブルームバーグ


リスクオンムードになったことで、木曜夜のドラギECB総裁の強気な発言にも市場参加者は素直に反応。131円直前まで急騰しました!ここまで上がると、利益確定売りの調整が入り、130.19円で金曜クローズ。


今週は月曜オープンから買いが進んでおり、131円到達も間近です。なので、今週の取引方針は買いとします。130.50円で買いエントリー、利食いは131.00円、損切りは130.20円にそれぞれ設定します。今週はドラギECB総裁の発言が火曜水曜に予定されていますので、またチャートに動きが見られるのではないかと期待してしまいます。


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設



ポンド円

先週のポンド円はユーロと引き続き、リスクオンな展開でした。

今日のポンド円


EU離脱交渉に関して前向きな報道が出たため、月曜から買い注文が殺到。木曜日に公開されたMPC議事要旨において、イギリス経済成長率が上方修正されたことも好感され、実に2か月ぶりに146.80円まで急上昇。好調を維持したまま金曜クローズを迎えました。


今週は小売売上高と消費者物価指数を除いて、ポンド関連の重要指標・イベントはありません。従来通り、ブレグジット交渉に関する各種の報道が大きな重要性を持ちますので、しっかりニュースをチェックしましょう。


今週の取引方針は買いとします。昨日から引き続き買い勢力は強く147.30円を超えても止まりません。そこで、147.00円で買いエントリー、利食いは147.50円、損切りは146.65円、と設定します。


★低スプレッド・高速約定が人気の TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設


以上、ドル円、ユーロ円、ポンド円についてトレード戦略を考えてみました。あくまでも筆者の個人的な見解なので、参考程度でご活用ください。



★クイック口座開設と確実な入出金 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


★低スプレッド・高速約定が人気の TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設



大好評の海外FX10周年記念キャンペーン、11月末まで延長中!
今なら、BigBossの口座開設キャッシュバックが23,000円です!
海外FXお役立ちガイド10周年キャッシュバック


秋の口座開設キャンペーン、始まりました!
現在、最大23,000円キャッシュバック中!
秋の口座開設キャンペーン


既存顧客の方に朗報です。
半年ぶりに追加入金キャンペーンが帰ってきました!
追加入金キャンペーン


★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加

上の友達追加ボタンをスマホでタップすると、LINEが立ち上がりますので、友達追加をお願いします。また、PCでクリックするとQRコードが立ち上がりますので、LINEで読み取っても追加できます。または、LINE ID「@kaigaifx」で検索してください。

      

マーケット情報の最新記事


その他、マーケット情報の関連記事はこちら