【2018年3月4週目】今週のFX取引戦略

見出し写真

政治リスクが円買いを生んで、ドル円、ユーロ円、ポンド円を押し下げています。


森友文書の書き換え問題、トランプ政権の保護主義&人事問題、ECB要人のユーロ高牽制、EU離脱の不透明さ、など経済指標とは関係ない部分が相場に大きな影響を及ぼしています。


では、さっそく今週発表予定の重要イベント・指標から見ていきましょう。


★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加



今週発表される重要指標

今週これから発表される重要指標・イベントをざっとまとめてみます。


3/19(月)
・岩田&中曽根両日銀総裁、任期満了
・G20財務相・中銀総裁会議(~20日)
・日本時間22:40 アトランタ連銀総裁発言


3/20(火)
・若田部早大教授&雨宮日銀理事、日銀副総裁就任
・日本時間18:30 イギリス2月消費者物価指数(市場予想前年同月比+2.8%)
・日本時間18:30 イギリス2月卸売物価指数(市場予想前年同月比+2.4%)
・日本時間19:00 ドイツZEW景況感指数(市場予想13.0)
・日本時間24:00 EU3月消費者信頼感(市場予想0.0)
・FOMC1日目(~21日)
・G20財務相・中銀総裁会議2日目


3/21(水)
・日本祝日(春分の日)
・日本時間18:30 イギリス2月失業率
・日本時間27:00 FOMC、政策金利発表(市場予想1.50~1.75%)
・日本時間27:30 パウエルFRB議長、記者会見


3/22(木)
・日本時間17:30 ドイツ3月製造業&サービス部門PMI(市場予想59.8, 55.0)
・日本時間17:30 EU3月製造業&サービス部門PMI(市場予想58.1, 56.0)
・日本時間18:00 ドイツIFO企業景況感指数(市場予想114.6)
・日本時間21:00 BOE金利発表(市場予想0.50%)
・日本時間21:00 BOE資産買い取りプログラム(市場予想4,350億ポンド)
・日本時間21:00 MPC議事録要旨
・EU首脳会議(~23日)


3/23(金)
・日本時間08:30 2月全国消費者物価指数(市場予想前年同月比+1.5%)
・日本時間23:00 2月新築住宅販売件数(市場予想年率換算62.0万件)
・EU首脳会議2日目
・アメリカ暫定予算期限


今週の最大関心事はまず、21日深夜のFOMCとパウエル議長の記者会見でしょう。市場予想は0.25~0.50%の利上げを見込んでいます。利上げ見送りやハト派発言が出た場合、ドルは一段下げるかと思われます。


23日にはアメリカ政府暫定予算が期限を迎えます。今回もかろうじて暫定予算の延長が実現する公算が高いですが、スムーズに延長できなかった場合、政府機関が一時的にストップしますので、これもドル円を押し下げるでしょうね。


さて、ユーロ円の要因となるのはドイツとEUの各経済指標、そしてEU首脳会談となります。この首脳会談ではブレグジット問題も当然議論されますので、ポンド円トレーダーの方も要注目です。


その他、ポンド円にとって注目すべき指標は21日のイギリス失業率と23日に発表される一連のMPC指標(政策金利、買い取りプログラム)でしょう。とくに、現時点で大きく政策転換することは予想されていませんが、万一に備えてチェックしておきましょう。


仮想通貨を取引されている方にとっては、本日・明日のG20で仮想通貨規制の話が出ると見られますので、ポジションにご注意ください。



ドル円

先週のドル円は週の真ん中まではレンジを維持していましたが、木曜から下落トレンドに再び突入しました。


先週月曜オープンは森友文書問題で一旦下げたものの、NY時間ではユーロドルに釣られて一時107円台まで上昇。しかし、引き続きの森友問題、大接戦のペンシルべニア州補選、ティラーソン国務長官の解任、など政治リスクが足を引っ張り105円台まで下げた次第です。

今日のドル円


今週も引き続き、政治リスクが上値を重くするので、FOMCが良い結果でない限りロングは避けた方が良さそうですね。


よって、今週の取引方針も売りとします。。106.00円程度で売りエントリー、利食いは105.600円、損切りは106.30円と万が一に備え両方とも浅く設定します。


★入金ボーナス&取引ボーナス延長中! BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設



ユーロ円

ユーロ円はドラギECB総裁をはじめとした要人によるユーロ高牽制が相場を押し下げています。また、「金融政策正常化を急ぐことはしない」との発言もユーロ失望売りを生んでいます。

今日のユーロ円


EU首脳会談、アメリカによる関税圧力など気になるトピックがありますが、非常にきれいな下降線を描いているので、ここはトレンドに逆らわずに売っていきましょう。/p>

今週の取引方針は売りを継続です。下がりきった感があるので、130.30円辺りまで戻ってきたら売りエントリーとします。利食いは129.85円、損切り131.70円とします。ここで、逆張りで買いエントリーしたい気持ちになるのですが、我慢ですね(笑)


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設



ポンド円

ポンド円も地政学リスクで上値が重くなっています。しかし、ドル円とユーロ円に比べると、まだ底堅い様子です。


イギリス政府の離脱協議担当相が協定合意について強気な発言をしたため、週前半に149円台まで大きく伸ばしたポンド円ですが、森友問題が円買いの誘い水となってしまいました。。

今日のポンド円


結局、それ以降ポンド円買いの材料は出ず、147円台をサポートとしてレンジが形成されています。


今週はイギリス失業率と政策金利などが発表されますが、個人的にはそれほど相場に影響はないのではないかと思います。まだ、政治リスクが重く漂っていますので、方向感に欠けたレンジが続くと見ています。イギリス側に重要指標の発表や要人発言はありませんが、ユーロ圏財務相会合とEU財務相会合が開催されます。


今週のポンド円方針は中立とします。レンジ相場の取引戦略を実行し、147.30円で買いエントリー、147.900円で利食い。損切りは147.00円とします。


★低スプレッド・後続約定が人気の TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設


以上、ドル円、ユーロ円、ポンド円についてトレード戦略を考えてみました。あくまでも筆者の個人的な見解なので、参考程度でご活用ください。



★書類なし口座開設でスムーズな取引 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


★低スプレッド・後続約定が人気の TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設



大好評の海外FX10周年記念キャンペーン、3月末まで延長中!
今なら、BigBossの口座開設キャッシュバックが23,000円です!
海外FXお役立ちガイド10周年キャッシュバック


春の口座開設キャッシュバック、遂に始まりました!
10周年記念のため、現在最大23,000円キャッシュバック中!
春の口座開設キャンペーン


★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加


上の友達追加ボタンをスマホでタップすると、LINEが立ち上がりますので、友達追加をお願いします。また、PCでクリックするとQRコードが立ち上がりますので、LINEで読み取っても追加できます。


または、LINE ID「@kaigaifx」で検索してください。

マーケット情報の最新記事


その他、マーケット情報の関連記事はこちら