キプロス支援における海外FX会社の影響について

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

みなさん、こんにちは

 

今日は朝から驚くニュースがありました!!!

 

ニュース==============================

週末のユーロ圏財務相会合でキプロスに100億ユーロの支援が決定しました。

この条件として10万ユーロ超の預金に預金額の9.9%、それ以下の預金に6.75%の課徴金を課す内容が盛り込まれました。

この決定を受けキプロス政府はキプロスの銀行で一部預金封鎖を実施しました。

==================================

 

キプロスに拠点を置く海外FX会社は多くあるので、

ユーザーの皆様におかれましては不安を感じる方も多いと思います。

 

ご安心ください。

 

今回の預金封鎖についてはキプロス国内の銀行の個人名義の口座が対象となっています。

 

1.対象が個人口座ですのでFX会社に預けている証拠金が対象にはなりません。

 

2.預金封鎖の対象はキプロス籍の銀行です。

キプロスが本店ではない海外銀行(Citi Group,HSBC,Barclays,UBSなど)は預金封鎖の対象ではありません。

仮に法人口座が対象となったとしてもXEMatketsなどは大手海外銀行に証拠金を預けています。

 

キプロス問題で相場には大きく影響が出ておりますが、

このような事から海外FX会社利用にあたってユーザー側への影響はありません。

 

お客様の資金は、現在も自由に出し入れが可能です、どうぞご安心くださいませ。

 

しかし、預金封鎖とはインパクトがありますね。

今の日本の状況を考えると「対岸の火事」では済まされない感じもします。

資産を日本国内だけに保有するのではなく、海外に分散して保有する事の必要さを改めて感じました。

 

XEMarkets口座の開設はこちらです↓↓

XEMarkets 口座開設

 

それでもキプロスの会社を利用するのが心配な方はマルタ拠点のFXDDがお勧めです。

FXDD口座開設サポートはこちらです↓↓

FXDD 口座開設