XM.comとXMTrading.comは同じ?どちらで口座開設をしたらいいのか?

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:

xmtrading_21091701.jpg

XMでのFXに興味を持ち調べてみて、複数のサイトがあることに気付いた方もいるのではないでしょうか。

XMは日本人に人気がある海外FX会社だという評判だけれど、名前が酷似している別会社があるのかもしれないと考えてしまう方もいるかもしれません。間違えて別会社で口座を開設してしまうのは避けたいと思うでしょう。

XMには確かに複数のサイトが存在します。なぜ複数サイトが存在しているのか、違いはどのような点なのか、XMで口座を開設するのならどのサイトを選べばいいのかを説明します。疑問を解消し、安心して海外FXをスタートさせる参考にしてください。

XMには3つのブランドがある

もともとは1つで運営されていたXMには、今では3つのブランドがあります。

・XM.com:欧州専用
・XMTrading.com:日本専用
・XMGlobal.com:欧州と日本以外

2018年、欧州証券市場監督局(ESMA)は個人投資家の保護を目的として、レバレッジの規制を行いました。これにより、欧州でFX業者が提供できるレバレッジは最大30倍となったのです。

その後XMは、欧州専用のXM.comとそれ以外の国向けのXMGlobal.comに分けました。よって、XM.comを利用する欧州居住者には最大レバレッジ30倍、その他の国の居住者にはこれまで通り888倍にしたのです。

日本人専用のXMTradingが誕生したのはなぜ?

では、なぜXMは日本人専用のXMTradingを作ったのでしょうか。ここで3つのブランドの所在地を確認してみましょう。

・XM.com:キプロス
・XMTrading.com:セーシェル
・XMGlobal.com:ベリーズ

日本人専用のXMTradingはXMグループが取得しているライセンスの中で、一番規制が緩いセーシェル諸島のライセンスで営業を行っています。日本人向けのXMTradingが敢えて規制の緩いライセンスで営業を行っているのには理由があるようです。

日本の金融庁は日本のトレーダー保護のため、XMがライセンスを取得していたキプロス金融庁に対して、日本人に勧誘をしないように警告をする動きがあったとされています。

この背景として、海外のFX業者が日本人に勧誘をして海外FXで取引を始めてしまうと、日本の法律で日本人を守れないからという意向があったとみられます。

キプロス金融庁から警告を受けるようになったXMは、キプロス管轄下で日本人向け口座の営業を続けることが難しいと判断したため、日本人専用のXMTradingを作ることになったと言われています。

XMTradingが日本の金融庁のライセンスを取得しない理由とは?

日本人専用の会社であれば、日本の金融庁のライセンスを取得すればいいのではないかと思った方もいるかもしれません。

XMTradingが日本の金融庁のライセンスを取得しない理由としては、主に2つが考えられます。

1つ目は、日本の金融庁では最大レバレッジが25倍と規制されています。つまり日本のライセンスで営業すれば、XMが提供してきた最大888倍のレバレッジの提供ができなくなってしまうのです。

レバレッジの倍数が大きいことで、ユーザーは少ない資金でも多額の取引ができ、大きな利益を得られるチャンスをつかめます。

2つ目は、日本の法律ではXMが提供しているゼロカットシステムの提供ができないことです。

ゼロカットシステムとは、万が一口座がマイナスになったときには、XMが顧客の損失を補填し、口座残高を0円にリセットしてくれる仕組みです。

ところが日本の法律では、FX業者が顧客の損失を補填することを禁じているため、日本のライセンスで営業しマイナス残高になった場合には、顧客に追証を求めることになってしまいます。

ハイレバレッジやゼロカットシステムは、XMに口座開設をしトレードを始める大きなメリットのため、XMは日本のライセンスを取得せずに営業を行っているのです。

サービスや使い方に違いはある?

XM、XMTrading、XMGlobalの公式サイトはそれぞれ違うため、XMTradingで口座を開設したら、XMとXMGlobalからはログインできないので注意しましょう。

日本人はXMTradingの一択になるので、口座開設をどこにするのかで迷う必要はありません。XMTradingは日本人専用であるため、日本人にとって使いやすく魅力的なボーナスキャンペーンも用意されています。

では、XMTradingのサービスについて詳しく見ていきましょう。

サービスが日本語対応

XM.comが英語での提供なのに対して、XMTradingではすべてのサービスが日本語で提供されています。

ツールのインストール方法を紹介している動画も日本語で公開されているほか、FXのウェビナーも日本人講師が日本語で講義。FXニュースも日本人が日本語で提供しているので、英語がそれほど得意ではない方でも利用しやすいでしょう。

日本語でのサポート

XMTradingでは、日本語でのサポート対応が提供されています。メールや電話、チャットでの日本語対応は、日本人にとって心強いサービスでしょう。

ボーナスキャンペーン

XMTradingでは現在、次の4つのボーナスキャンペーンを行っています。(2021年9月現在)

・口座開設ボーナス(3,000円)
・入金ボーナス(50万円)
・XMP(ロイヤルティプログラム)
・お友達紹介ボーナス(最大3,500円)

口座開設ボーナスは、新規口座開設・有効化で3,000円がもらえるキャンペーンです。ボーナスをもらえる条件は、XMTradingにて新規で口座を開設するだけなので、誰でも簡単に受け取れると言えるでしょう。

入金ボーナスは、入金額に応じて取引用のボーナスがもらえるというものです。国内FXでは珍しいのですが、海外FXでは一般的だと言われています。受取額が50万円になるまで受け取れるという、トレーダーにとってはうれしいボーナスです。

XMP(ロイヤルティプログラム)は、XMで取引するたびに自動的に換金可能なポイント(XMP)が貯まっていくサービスです。参加手続きは必要ではなく、口座を開設すると自動的に参加することになります。

XMTradingでの取引日数が増えるほどステータスが上がっていき、もらえるXMPポイントが増えていきます。取引日数が長くなると、勝手にキャッシュバック金額も増えていくというサービスです。

お友達紹介ボーナスは、友人を紹介することで報酬をもらえるというものです。1名~15名の紹介で1人につき2,500円、16名~30名で3,000円、30名以上になると3,500円になります。ただし紹介した友人が5ロット以上の取引をすることが条件です。

まとめ

xmtrading_21091702.jpg

XMで口座開設をしようと調べてみて、複数の公式サイトが存在していることに戸惑う方もいるでしょう。XMには3つのブランドがありますが、日本人であればXMTrading一択です。

XMTradingは日本人ユーザーの評判も良く、日本人専用なのでとても利用しやすいです。海外FXのため、日本の規制に抑えられることなくハイレバレッジの魅力もあります。

また、日本人専用であることから、海外FXでありながら日本人向けのサービスが充実していることも大きな魅力でしょう。もともとは英語で運営されていたXMですが、XMTradingが作られたことにより、日本人にとっては使いやすくお得になっています。

XM 口座開設

海外FXお役立ちガイドのキャンペーンはどこよりもお得です!