令和初の国賓として3泊4日の「おもてなし旅行?」

trump-2546104_1280.jpg

トランプ大統領は帰って行った。

ツイッターに「大成功の旅を終えて日本から戻った。多くの分野で大きな進展があった。素晴らしい指導者、安倍首相がいる偉大な国だ!」と訪日への満足感を示したリップサービスの書き込みが。。。

しかしこの言葉を鵜のみには出来ない事でしょう、日本にとって交渉はこれからです。

長年にわたる日米間の貿易格差問題、トランプはこれを本当に均衡にする気でいる様な感じがします。

来年2020年のアメリカ大統領選挙に向け、「America First=アメリカ第一主義」を掲げ妥協なく進んで来るのでしょうか?

米商務省が発表した2018年の貿易収支(通関ベース)は、

モノの貿易赤字が前年2017年比10.4%増の8787億200万ドル(約96兆6600億円)と過去最大を記録。(ドル円110円換算)

中国に対する赤字額も11.6%増の4191億6200万ドルと過去最高を更新。日本に対するモノの赤字は1.8%減の676億3000万ドル(約7兆4000億円)。

日本は国別では中国、メキシコ、ドイツに次ぐ4位。メキシコに対する赤字額は815億1700万ドル、ドイツは682億5000万ドル。

7兆4000億円もの対日赤字、トランプ大統領は日本の7月の参議院選挙後の交渉妥結まで先延ばしを理解と。日本に8月までの間、難しく合意の見えにくく難しい夏休みの宿題を残したまま。

conclusion-of-the-contract-3100579_1920.jpg
貿易格差を早く是正するには金額の張るもの?、直ぐに数字が確定出来るものとは?

つまり。。。 先ずは、最新鋭のステルス戦闘機F35の105機追加購入なのでしょうか?

追加購入で、最新鋭のステルス戦闘機F35A(63機)と短距離滑走での離陸と垂直離着陸が可能なF35B(42機)を計105機追加調達する事に。これに、すでに導入を決めているF35A(42機)と合わせるとF35は計147機にまでに拡大。

価格は2012年の最初の4機では400億円(1機100億円)、2016年には円安も加わり、1機あたり180億円にまで上昇。

その為か、国内で行う予定のF35Aの最終組み立てを取りやめ、平成31年度以降の取得は完成機輸入に切り替え、その結果、調達コストを1機あたり30億~40億円削減出来るとの事。

それでも今回、日本がアメリカから105機もの"爆買い(おもいやり購入?)"を約束しているF35Aの価格は、コスト削減でも1機あたり100億円以上。関連部品等を含めると、総額約1兆2000億円を超える予算になってしまうといわれてます。

F35Bの42機も加えると、合計輸入総額2兆円にまで拡大。

アメリカ向け自動車の平均単価を300万円にすると、66万台相当にあたります。

----------

寄り道

ビットコイン

先週は83万から89万で推移していたビットコイン/円。

27日の日本時間早朝4時に87万円台から1時間足らずで95万円まで上昇。このレベルでは揉み合ったが、9時半には97万5000円。それから今日までは95万円を挟んで上下2万円の小動き。

4月1日からわずか2ヶ月弱で2倍以上に値上がりしたことに。

昨年7月24日の95万円を既に超え、2018年5月以来となる100万円の復帰を目指すのか? そして100万は単に通過点に過ぎないのか?

先週までは100万円を今週中にでも付ける勢いだったのだビットコイン。このところ週末の土日、為替が取引されない(一部イスラム諸国では取引が可能の様だが)時間帯に大きく買われる傾向が見られきました。

超大国アメリカと中国、貿易問題に発した今後の不透明感から、世界経済全体への悪影響が現実味を帯びて来てしまってます。

株式から安全資産とされる債券へのシフトが進みつつあります。

今週末、一気に100万円? 来週の月曜日はどんな風景が見れるのでしょうか?

米国債利回り

今週は、米中の貿易・通商問題の対立と世界経済の見通し悪化を背景に、投資家は金融市場の最も安全な部分とされる債券へと資金を移している様だ。

この結果、米10年物国債利回りは23日、2017年10月以来の2.30%を割り込み低水準に急低下した。再び長期短期金利が逆転しそうな動きにも。29日現在、米国10年債は2.26%。

米国株売り ⇒ 米国ドル保有 ⇒ 米国債券買い ⇒ 米国ドル保有 ⇒ ドル売り円買い ⇒ 円高と不安要因からのVIX指数買いでボラテリティーの上昇?

CFDは、数百銘柄の通貨ペア、債券、商品、指数、ETF、株式などを取引することができます。

この機会に海外CFD口座開設して、「令和」Trade始めませんか?

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 Bigbossの口座開設はこちら!!!

BigBoss 口座開設

XMの口座開設はこちら!!!

XM 口座開設

IFCMの口座開設はこちら!!!

IFCMarkets 口座開設

海外FXトリビアの最新記事


その他、海外FXトリビアの関連記事はこちら