【2019年2月4週目】今週のFX取引戦略

見出し写真

先週は主要通貨ペアが上下に大きく動いた一週間となりました。とりわけ、米ドルの下げは寝耳に水の展開!


相場の移り変わりに対応できるよう、保有ポジションの大きさは少なめにしてトレードするのが良さそうですね。それでは、今週の経済イベントから見ていきましょう。

★冬の口座開設キャンペーン、実施中!
業界最高値のキャッシュバック最大13,000円をゲットしよう!
冬の口座開設キャンペーン


今週発表される重要指標

今週これから発表される重要指標・イベントをざっとまとめてみます。

2/18(月)
米国祝日


2/19(火)
・日本時間18:30 英12月ILO方式失業率(市場予想4.0%)
・日本時間19:00 独2月ZEW景況感調査(市場予想-13.0)
・日本時間19:15 デギンドスECB副総裁発言
・日本時間22:50 クリーブランド連銀総裁講演
・日本時間24:00 プラートECB理事講演


2/20(水)
・日本時間08:50 日1月貿易統計(市場予想季節調整後1711億円)
・日本時間16:00 プラートECB理事講演
・日本時間24:00 EU2月消費者信頼感(市場予想-7.7)
・日本時間28:00 FOMC議事要旨


2/21(木)
・日本時間16:00 独1月CPI改定値(市場予想前月比-0.5%)
・日本時間17:00 プラートECB理事講演
・日本時間17:30 独2月製造業PMI速報値(市場予想50.0)
・日本時間17:30 独2月サービス部門PMI速報値(市場予想52.9)
・日本時間18:00 EU2月製造業PMI速報値(市場予想50.3)
・日本時間18:00 EU2月サービス部門PMI速報値(市場予想51.3)
・日本時間21:30 ECB理事会議事要旨
・日本時間21:50 アトランタ連銀総裁講演
・日本時間22:30 米2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(市場予想14.3)
・日本時間23:45 米2月製造業PMI速報値(市場予想54.9)
・日本時間23:45 米2月サービス部門PMI速報値(市場予想54.3)


2/22(金)
・日本時間08:30 日1月全国消費者物価指数(市場予想前年同月比+0.2%)
・日本時間16:00 独2018Q4GDP改定値(市場予想前期比+0.0%)
・日本時間18:00 独2月IFO企業景況感指数(市場予想99.0)
・日本時間19:00 EU1月HICP改定値(市場予想前年同月比+1.1%)
・日本時間24:15 ウィリアムズNY連銀総裁発言
・日本時間24:30 ドラギECB総裁発言
・日本時間26:00 クラリダFRB副議長講演
・日本時間27:00 クオールズFRB副議長発言


今週非常に重要なのは、英失業率(19日)、FOMC議事録(20日)、ECB議事録(21日)、全国消費者物価指数(22日)、ドラギECB総裁発言(22日)となります。因みに、2週間前にドル下げに関与したロウRBA総裁議会証言が22日07:30にありますので、これも要注意ですね。


今週はFRB地区連銀とECBの核要人の発言が相次いでおり、発言内容に相場は敏感に反応しますので、要人発言はトレードチャンスとなるかもしれません。


ドル円

先週のドル円は、週の前半後半で対照的な動きを見せました。

今日のドル円

旧正月明けの旺盛なリスクオンからドル円は月曜オープンから急上昇。日中米株高もあって、順調に円安進行となっていきます。


先月あれだけ手こずっていた110円台の領域も何のその、ズンズンと上昇していき、木曜には111円にタッチ。一時、昨年12月27日振りに111.12円に達しますが、直後下落。。。


これは、木曜NY時間に発表されたアメリカ経済指標が市場予想を下回ったこと、そして米中通商協議に進展が見られないことを受けて、ドル売りが進んだためです。
米中通商協議、改革要求めぐり依然隔たり大きい|ブルームバーグ


翌金曜日も売りで始まり110.24円で底を打ちましたが、なかなか相場は回復しません。個人的には買いを拾っても良いのではないかと考えています。したがって、現状は買い戦略を採ります。エントリー価格は110.35円、利食いは110.81円、損切りは110.15円に設定します。


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


ユーロ円

先週のユーロ円は上下に大きく動き、トレードし甲斐がありました。

今日のユーロ円

中国発のリスクオンにより、ユーロ円も月曜オープンから上昇。それまでの下げトレンドが嘘のようです。利益確定の押し目がありつつも、力強く125円にタッチします。


水曜には先週の下げをほぼ取戻し125.52円へ続伸。利益確定売りが入りますが、125円台をトライする動きが活発に見られました。しかし、14日に英議会でメイ首相のEU離脱戦略への支持の動議が反対多数で否決されたことを受けて、ポンドと共にユーロも下落に転じます。。。
英議会、メイ首相のEU離脱戦略に「ノー」-支持問う動議を否決|ブルームバーグ


ここまで上昇した分を全て下げてまさに「行って来い」の展開かと思いきや、124.40円で底を打ちます!割安感から買いが入り、124.67円でクローズ。今週もオープンから買いが堅調で、すでに125円まで戻しています。一旦このあたりで調整が入るような気がします。。


今週も引き続き上下に激しく動くのではないかと思われますので、引き続きユーロ円は中立です。125.10円で売りエントリー、利食いは124.70円、損切りは125.30円に。買いエントリーは124.61円に置いてみます。利食いと損切りをそれぞれ125.00円、124.40円に設定します。


★クイック口座開設と確実な入出金 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


ポンド円

先週のポンド円は14日の英議会の採決結果が相場に大きな影響を与えました。

今日のポンド円

他のクロス円通貨ペア同様、週明けから上値を狙う展開が続き、火曜に先週の天井だった142.45円を対にブレイク!以降はスルスルと上昇し、143円に達します。1週間ぶりに143.32円を記録しますが、ここで利益確定売りが。


142.80円台でこらえようとしますが、上述の英下院により、メイ首相のEU離脱戦略が指示されていないことが明らかになると、ポンドは下落。1月22日振りに141.18円まで売られます。


市場が落ち着くと、小売売上高が市場予想を上回ったことを材料に再びポンド買いに。142.32円で金曜クローズとなりました。


本日は上に窓が開き、142.80円を狙う展開になっていますが、かなり上値は重そう。そのため、今週の取引戦略は売りとします。142.70円で売りエントリー、利食いは142.30円、損切りは142.90円とします。


★低スプレッドかつ高速約定 Tradeview
Tradeviewの口座開設サポートはこちら
Tradeview 口座開設


以上、ドル円、ユーロ円、ポンド円についてトレード戦略を考えてみました。あくまでも筆者の個人的な見解なので、参考程度でご活用ください。


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


ボーナスキャンペーン延長決定!
★クイック口座開設と確実な入出金 BigBoss

BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


★低スプレッドかつ高速約定 Tradeview
Tradeviewの口座開設サポートはこちら
Tradeview 口座開設


冬の口座開設キャンペーン、開始しました!
最大13,000円キャッシュバック!
冬の口座開設キャンペーン


★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加

上の友達追加ボタンをスマホでタップすると、LINEが立ち上がりますので、友達追加をお願いします。また、PCでクリックするとQRコードが立ち上がりますので、LINEで読み取っても追加できます。または、LINE ID「@kaigaifx」で検索してください。

マーケット情報の最新記事


その他、マーケット情報の関連記事はこちら