日米貿易協議、どうなるか?

見出し写真

昨日、ワシントンで日米閣僚級の貿易協議が開催されました。


日本側の代表である茂木経済相の会見が午前中ありましたが、初日は軽いジャブの打ち合い、状況整理と意見交換にとどまったようです。貿易協議への不透明感・警戒感から、昨夜のNY時間に売られていたドル円は多少買戻しが入ってきています。

今日のドル円


本日も引き続き協議を継続するようですが、平行線のまま終了するのではないでしょうか?

日米通商協議は2日目も議論、初日は率直に意見交換=茂木経財相|ロイター


日本は「日本製品に追加関税を課してほしくない、貿易交渉はTPP枠組みで話し合いたい」と希望している一方で、 アメリカ側は「(トランプ大統領からのプレッシャーで)対日貿易赤字を対処しなければならない、日本とFTAを締結したい」という思惑ですので、平行線なわけです。


きっと、「今後も継続的に協議を続けることで合意」というような声明を出してお茶を濁すのではないかと個人的には考えています。


現在、トランプ大統領は国際社会に対して貿易戦争を吹っかけてますが、その本質はというと「11月に実施される中間選挙に向けてのアピール」の側面が強いです。なので、トランプ大統領がどこまで本気でアメリカの貿易赤字解消に取り組んでいるのか不透明と言わざるを得ません。

中間選挙|wikipedia


トランプ大統領はこれまでの大統領とは異なり、理屈が通じないので、中間選挙が終わったら掌返しで追加完全を解除することもあり得ます。


市場参加者も内心ではそのことに気付いてるのでしょうが、夏休み相場の現在、為替相場を大きく動かしてくれるのはトランプ大統領の発言ですので、仕方なく付き合っている印象は少なからずあるでしょう。


このことを踏まえると、最近のドル円の下落トレンドは中間選挙が終わるまでの期間限定であるとも言えそうです(その時のアメリカ経済の状態がこのまま良いと仮定するならば)。


あくまでも個人的な見解ですが、そんなに的外れではないように感じています(自画自賛ですね笑)。FX取引に絶対はありませんが、こういうトレンド転換の可能性を意識しておけば、より柔軟な対応が出来そうですね。



★クイック口座開設と確実な入出金 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


★低スプレッド・高速約定が人気の TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設


夏の口座開設キャッシュバック、遂に始まりました!
10周年記念のため、現在最大23,000円キャッシュバック中!
夏の口座開設キャンペーン


★海外FXお役立ちガイド公式LINE@始めました。トレードシグナル配信中!
友だち追加はこちら
友だち追加

上の友達追加ボタンをスマホでタップすると、LINEが立ち上がりますので、友達追加をお願いします。また、PCでクリックするとQRコードが立ち上がりますので、LINEで読み取っても追加できます。または、LINE ID「@kaigaifx」で検索してください。

      

マーケット情報の最新記事


その他、マーケット情報の関連記事はこちら