初めてのCFD取引 Part-52

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

あなたは短期(デイトレ)派、それとも中長期派ですか?

8592640179_eccabfb1fe_z.jpg

投資スタイル別の情報収集方法

投資に生かせる情報は世の中には数限りなく有ります。

それらを全部カバーしようと思うとそれはとても大変なことですし、負担は計りしれません。

豊富な情報の中から、自分に必要な情報を選択したり、投資のタイミングにあったタイムリーなニュースをセレクトするなど、先ずは自分の投資スタイルに合わせて、少しずつ情報の収集と取捨選択を始めて行く事が大切です。


短期投資(デイトレ)がメインの人

なにより情報の新鮮さ(鮮度)が一番大切です。

情報が出た時、マーケットは即座に反応して動きだしてしまいます。

その為、直ぐに対応出来る様にしておく必要があります。

CFD会社によっては口座を開設し登録すれば、ニュース速報や分析をメールで配信してくれるサービスを行っている会社もあります。

中長期投資が主体の投資家

中長期での投資の場合は、毎日の細かな動きに一喜一憂するのではなく、その情報がどの様にマーケットに織り込まれて消化されていくかを踏まえて考え、トレードを行っていく事が大切です。

例えば政治で見ると、衆議院解散における総選挙の影響。

与野党の動向や、世論からみて勝敗を考え、ポジションを持つ。

または、経済指標が「悪い」から「良い」に変わる時は買い、「良い」から「悪い」に変わる時は売りのスタンスを取るなど、過去からの経済指標の推移を見てトレンド(方向性)を考えていく事が必要です。

デイトレでも中長期のトレードでも、しっかり把握していける事がベストですが、先ずは無理をせず自分のリスクの許容範囲を考えながら実践していく事が大事です。

36814171501_d2f8cb12f5_b.jpg


各国が発表する経済指標は投資の大きな材料となるため、「要注目」です。

経済指標の注目度はその時々によって大きく変わって行きます。

経済が低調の中で注目されるのは、「雇用統計」や「個人消費」などの景気遅行指数といわれる指標の数々です。

これらの数値が改善され、回復することによって、経済の回復に力強さが生まれます。

反対に、経済が活況な時に注目されるのは「住宅関連」「設備投資」「企業景況感」など、先行指標といわれる経済をけん引する事柄です。

常時注目されるのは、GDPやインフレ率を示す消費者物価指数です。

これらを上手に運用し、投資に生かしていく事が大切です。

この機会に海外CFD会社に口座開設して始めてみませんか、CFD取引?

Bigbossの口座開設はこちら!!!

BigBoss 口座開設

XMの口座開設はこちら!!!

XM 口座開設

IFCMの口座開設はこちら!!!

IFCMarkets 口座開設

 

      

CFDの最新記事


その他、CFDの関連記事はこちら