MT4ウェブトレーダーを採用する海外FX業者が増えている!

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
カバー写真

みなさん、こんにちは。海外太郎です。
第22回海外FXトレードコンテストが昨日より開催されています!
参加賞&優勝賞金30万円を含む高額賞金をゲットできるチャンスですので、まだエントリーされていない方は是非ご登録ください。


tradecontest201603.png

さて、先日花子がご紹介した通り、FxProはサービス開始10周年を迎え、ウェブサイトリニューアルを含む多くの変更を行いましたね。


そんなFxProの10周年企画はまだまだ続いているようで、本日MetaQuotes社公式のMT4ウェブトレーダーを提供することをアナウンスしました。
【FxPro】MT4ウェブトレーダーを導入


11年目もまだまだFxProから目が離せません。


MT4プラットフォームの開発元であるMetaQuotes社が純正のウェブトレーダーを正式リリースしたのが2015年9月頃。


リリース当初は大半のFXブローカーは様子見な態度を構えていましたが、半年経つと有力海外FX業者の間では、上のFxProのように、MetaQuotes製のMT4ウェブトレーダーを採用する動きが本格化しています。

従来、海外FX業者はウェブ版MT4を提供する際に、Sirixなどサードパーティーのサービスを"MT4ウェブトレーダー"として顧客に提供していました。なぜサードパーティーを利用していたかというと、そもそもMetaQuotes社が純正のMT4ウェブトレーダーを正式リリースしていなかったからというのが大きな理由でした。


近頃、多くの海外FX業者がMetaQuotes社製MT4ウェブトレーダーに切り替えているのは、それが本家MetaQuotes社純正という理由だけでなく、トレーダーにとってもブローカーにとっても(サードパーティー製に比べて)メリットがあるからでしょう。


ライセンスフィーが抑えられる

FXブローカーにとってみれば、MT4ライセンスをすべてMetaQuotesから一元的に受けることにより、サードパーティーのサービスを利用するのに比べて、ライセンスフィーを節約することができるのでしょう。一般的にFXブローカーはMetaQuites社とライセンス契約を結んでWindows版、iOS版、Android版のMT4を顧客に提供しています。ウェブトレーダーもMetaQuotesからライセンスを受けることで、ライセンス管理は容易になると想像できます。


MQL5コミュニティとの連動

通常のMT4プラットフォーム同様、MT4サーバーを介してMQL5コミュニティとつながることができるので、トレーダーにとっては大きなメリットがあります。


ご存知の通り、MT4は世界で最も利用されているFX取引プラットフォームです。そのため、MQL5との接続により、下のようなサービスを享受できます。


  • 優秀なトレードシグナルとの連動
  • MQL5上で公開されているインディケーターの使用
  • レイテンシーの向上

    MetaQuotes社のウェブトレーダーを利用すれば、MT4サーバーから取引口座情報を直接ウェブトレーダー上で読み込んで処理することができるので、情報処理速度はサードパーティーを介する場合よりも向上するでしょう。レイテンシーが上がれば、それだけ約定スピードなど取引環境が良くなるので、トレーダーにとっては嬉しいことですね。


    今回は、最近多くの業者で導入が進んでいるMetaQuotesのMT4ウェブトレーダーについて取り上げてみました。


    ≪MetaQuotes公式WebTraderが使えるおすすめ業者≫
    ★11年目突入! FxPro
    FxProの口座開設サポートはこちら
    FxPro 口座開設


    ★日本人トレーダー人気No.1 XM
    XMの口座開設サポートはこちら
    XM 口座開設


    ★最大年利7%金利が付く IFCM
    IFCMの口座開設サポートはこちら
    IFCMarkets 口座開設


    春の口座開設キャンペーンも絶賛実施中です!
    春のキャッシュバック増額

          

    MT4の最新記事


    その他、MT4の関連記事はこちら