金価格急騰、6年半ぶりの高値水準

gold-163519_1280.jpg

金価格急騰、6年半ぶりの高値水準(地金でみてみると買取り量は6割増)

貴金属地金販売大手会社における2019年上半期の金地金買い取り量が前年同期比6割増と発表。上半期ベースでみると2013年以来の高水準です。

ここ2ヶ月の米国利下げ観測、米中の貿易対立、中東・イラン情勢の不透明感などが金相場の押し上げ要因とされています。

FOMCによる利下げ予測(7月31日、2008年12月以来10年半ぶり利下げ、政策金利を0.25%引き下げ実施)の中で、結果的に金利のつかない金と比較で相対的な価値が高まるとされ、買いにもつながっている模様です。

主要駅近くの金券ショップやリサイクルショップ等の店頭でも見られる金の買値や売値の表示。1グラム当たり大台とされる5000円を6年3ヶ月ぶりに更新し、これらにも個人の持ち込み「金」も価格上昇に寄与しています。

金地金の買取値段は7月31日現在で5338円。(2019年6月19日は5026円と1ヶ月半で300円以上の上昇)

現在は、2015年1月以来の高値水準です。(金の国際価格も約6年ぶりの水準にまで上昇)

一般的にドル安/円高の状況においては、安全資産とされている円も買われる場合が多く、このため円建ての金価格は国際価格に比べて上昇ペースが鈍る事が多く、1グラム5000円が一つの節目の大台とされていました。

ここ数年来の好景気やドル高で、金相場は低迷していたので、この金価格上昇を好機と見た個人が利益確定のために売りに動いていると考えられています。

世界最大のヘッジファンドの創業者も最近、金への投資を「推奨」しています。


国内金価格

簡単に過去40年間を振り返ってみると、

1978年7月1200円台、

80年1月21日には瞬間6495円(現在までの最高値)の高値までつける。81年11月3000円割れ、82年3月には2475円まで下落。86年2月には2000円を割れ、89年2月には1500円台に。

95年5月には1070円まで。99年9月には917円までつける。

2005年12月には2000円を回復、07年11月には3000円をつける。

ゆっくり上昇し、11年4月に4000円、13年4月5000円つけるものの、その後は4000円台での推移。14年9月4600円台から、15年1月に5400円超える。16年1月4500円、3月に5100円。17年9月5000円、18年1月5200円超え、18年8月4600円割れる。

その後上昇し、19年2月5200円をつけ一時、5000円割れるが、5月からは右肩上がりで6月に入り急上昇し、7月31日には15年1月以来の高値になる5423円まで。


英ポンド安が加速している

対米ドルで2017年3月以来、2年4ヶ月ぶりの安値水準。2019年10月末の「合意なき離脱」への警戒感も広がり、英ポンドは全面安の状態。

対円でも6月末には137円70銭台で推移していたのが、1ヶ月後の7月30日には131円50銭台まで下落。1ヶ月で6円以上の円高水準に。

英国10年物国債利回りも一時0.63%と2016年8月以来の水準に低下(債券価格は上昇)。NIESR(英国立経済社会研究所)「合意なき離脱の可能性はおおよそ40%」との見方も。


ビットコイン/円

7月25日夜109万円超えるも110万円を2回トライするも届かず、26日には105万円前半まで値を戻す。

27日朝、107万円から15分で110万円超えまで。夜には、109万円台から5分で5万円以上の急落。

29日(月)、朝103万円から1時間弱で3万円以上値を下げ、ストップロスをつけ100万円割れの水準まで。20分後には104万円まで回復し、その後は104万円を挟んでの小動きに終始。

日付が変わってすぐの31日には、106万円手前まで。103万5000円まで下落するも再び105万円を回復。

31日夜、FOMC発表を控えて107万円から110万円手前まで。FOMC発表後も大きな動きがない中、朝に110万円超えた。


VIX指数

FRBによる利下げ発表前、それまでは13%台で推移をしていたVIX指数だが、発表を受けて15.85%まで上昇。一旦は14%ミドルまで下落したが、その後上昇し7月31日(木)の終値は16.12%。

16%台は6月26日以来の1ヶ月ぶり。先週以降12%台で推移しての16%台。

「貿易問題のリスクを警戒し、世界景気悪化を未然に防ぐ」との理由で0.25%の利下げに踏み切ったようだが、世界の景気不透明感や、トランプ大統領の「失望した」との発言などもあり、既に、次回での追加利下げは視野に。

まだ上昇の余地はあり、6月3日につけた19%を再び目指すのだろうか?

お盆前に新規口座開設してCFD取引始めませんか。

 Bigbossの口座開設はこちら!!!

BigBoss 口座開設

XMの口座開設はこちら!!!

XM 口座開設

IFCMの口座開設はこちら!!!

IFCMarkets 口座開設