HSBC香港のインターネットバンキングで海外送金

みなさん、こんにちは。


最近、海外FX口座への入出金の際、HSBC(香港上海銀行)口座を利用される方が増えてきたように感じます。


資産を海外に分散して保有、運用されたり、
海外旅行の際に、安い手数料で現地の通貨が引き出せたり、
海外送金の手数料を抑えられる、
ネットバンキングで海外送金ができる、
などなど、HSBC口座を持つメリットはたくさんあります。


日本のATMから直接預金することはできないので、クレジットカードからFX口座へ入金して、利益分をHSBCへ出金する、なんて方法も良いですよね。両替が必要なら、レートが良い日を見計らって国内に出金できます。


私も1年程前にHSBC口座を開設しました。
一昔前は、口座開設サポート会社に5万10万と費用を支払って開設するのが主流でしたが、最近は無料が当たり前!良い時代になりました。


そしてもちろん私の口座は、HSBCの3つの口座タイプの中で一番敷居の低い口座「スマートバンテージ」です。口座残高が3ヵ月平均で10,000香港ドルあれば口座維持手数料がいらないので、
安心です!


しかししかし、私のcurrensee口座をみなさんに公開しようと、鼻息高らかに HSBC海外送金手続きにとりかかりましたが、、トラブル発生です!


送金限度額が設定されていなくて、送金ができないのです。。


幸い私の場合、海外のファンドを購入する際にお世話になった紹介会社さんに、HSBCに関しては全てサポートし
ていただいているので、電話1本で問題が解決しました。


HSBCの口座開設は、サポート会社を通さずにも行えますが、このようなサポートを利用するのもおススメですよ。ただ、手数料やサービスの継続に関してはしっかり下調べしてからご利用なさってくださいね。


というわけで、このたび私がHSBCの海外送金で困ってしまった 『送金限度額の引上げ方法』 について、ご紹介させていただきます!

 

まずは、送金限度額が設定がされているのか されていないのか、確認をします。

「My HSBC」を開き、左下のMaintain My Details のプルダウンから
「View and Set Transaction Limits」を選んで「GO」します。



表示されている数字が送金限度額です。


予め送金先情報を設定している場合は「Registered Accounts」、
設定されていない送金先の場合は「Non-registered Accounts」で確認します。

「Registered Accounts」の送金先情報と送金先設定は、「Click Here」から、
「Non-registered Accounts」の送金額の設定は、「Download」で、
書類を取り出します。

書類をプリントアウトして、必要情報を記入し署名を入れて、HSBCへ送付します。
(メール、FAXでの送付は受付けていません)


 

金額の部分は、画像の金額が最高限度額となりますので、もっと低く設定することもできます。


 


また、新型デバイスをお持ちの方は、書類の提出なしで、1日10,000香港ドルまで引き上げることができます。設定方法は
★こちらのページをご参考になさってください。

HSBC口座をご自身で開設されて、利用方法にお困りの方は、こちらもおススメです!




↓ マニュアルの 目次の一部です。
内容が盛りだくさんなので、目次だけで数ページあります。