ビットコイン受取に対応しました

eToro、仮想通貨取引銘柄としてカルダノを追加 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

eToro、仮想通貨取引銘柄としてカルダノを追加

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用いただきまして誠に有難うございます。
ソーシャルトレードと仮想通貨に力を入れている海外FX会社eToroは、仮想通貨の取扱い銘柄としてカルダノを追加しました。


カルダノは仮想通貨取引市場において第8位に時価総額が多い仮想通貨です。 coinmarketcap.comの情報では、取引高はおよそ40億ドルと算出されています。 シンボルはADAと表記されます。


ADAはeToroが提供する仮想通貨投資ポートフォリオサービスであるCopyFundに追加される予定です。 eToroはここ1年で仮想通貨取引に大きく注力しており、現時点ではビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、 ダッシュコイン、ビットコインキャッシュ、ステラ、イーサリアムクラシック、ネオ、EOSが取引可能です。


eTortoのCEOであるYoni Assia氏は「当社は仮想通貨取引に大きな関心を持っています。 取引規模で上位を占める仮想通貨をプラットフォームに追加することで、お客様の投資機会を増やしていきます。」とコメントしています。


仮想通貨ビジネスの拡大だけでなく、eToroはアメリカ法人・ジブラルタル法人の設立を推し進めるなど、世界中で事業拡大の動きを見せています。

仮想通貨取引サービスでアメリカ進出|海外FXお役立ちガイド
eToro、ジブラルタルで子会社設立か|海外FXお役立ちガイド


仮想通貨の未来を信じているAssia氏の指揮の下、業界他社が追い付けないスピードで仮想通貨分野に舵を切っているeToroですが、この決定が実を結ぶかどうか今後の展開にも要注目です。


★VirtueForexの口座開設はこちら
VirtueForexロゴ

海外FXの分野では、仮想通貨は現物ではなくCFD取引が主流です。その中でも、VirtueForexも仮想通貨銘柄を取り揃えており、数少ないビットコインキャッシュが取引できるブローカーです。 今話題の仮想通貨を気軽に始めたい方におすすめです。



お知らせ一覧はこちら