ビットコイン受取に対応しました

Lykke役員、ESMAガイドラインの影響を分析 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

  • 口座開設サポート
  • 口座に必要な書類
  • 海外FX法人口座サポート

Lykke役員、ESMAガイドラインの影響を分析

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用いただきまして誠に有難うございます。
FXおよび仮想通貨のモバイル取引プラットフォーム開発会社Lykkeのビジネス開発担当役員であるDemetrios Zamboglou博士が、 今年の8月1日に施行されるESMA新ガイドラインがもたらす影響を定量的に分析しました。


Zamboglou氏はMicrosoftの資金援助を受け、FX業界に関するリサーチプロジェクトに参画しました。 このプロジェクトの標本調査を通して、同氏は「FX取引では8割近くのトレーダーが負ける」と言われている説が理論的に確からしいことを示しました。 調査では、22.7%のトレーダーが期間中のトレードで利益を上げたとのことです。


ESMAによるレバレッジ制限がFX会社の収益に及ぼす影響を図るため、Zamboglou博士は現状のEUブローカーと米国のブローカーを比較することで検証をしました。 現状のEU圏のレバレッジ設置では、EUのFX会社は100万通貨当たり100ドル相当の収益性であり、他方、アメリカのFX会社の収益性は100万通貨当たり60ドルであると推定されたとのことです。 つまり、単純な比較では、およそ40%の収益減の効果があるのでは、と同博士は説明しています。


また、>Zamboglou氏はレバレッジが下がることによるメリットとして、トレーダーの取引期間が延びる効果があると解説しています。


≪安心の老舗海外FXブローカー≫
★FXDDの口座開設サポートはこちら
FXDD 口座開設



お知らせ一覧はこちら