ビットコイン受取に対応しました

eToro、仮想通貨CFDにEOSを追加 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

eToro、仮想通貨CFDにEOSを追加

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用いただきまして誠に有難うございます。
海外FXソーシャルトレード会社eToroが仮想通貨CFD銘柄としてEOS(イオス)を追加しました。


今回の追加により、eToroで取引できる仮想通貨は10種類となりました。 その内訳は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ダッシュ、ステラ、ネオ、そしてイオスとなります。 eToroスポークスマンによると、同社の取引サービス「Crypto CopyFund」にもイオスを追加する見通しであるそうです。


また、eToroでは顧客は仮想通貨CFDを取引できるだけではなく、仮想通貨現物も購入することができます。 eToro共同設立者兼CEOであるYoni Assia氏は今回のイオス追加について、「イオスをお客様にご紹介できて大変嬉しく思います。 2018年も仮想通貨マーケットは大きく発展していくと当社は期待を寄せています。」とコメントしました。


≪創業以来ECN環境でサービス提供!≫
★FxProの口座開設サポートはこちら
FxPro 口座開設



お知らせ一覧はこちら