ビットコイン受取に対応しました

FCA、ESMAのレバレッジ規制に反対か | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

FCA、ESMAのレバレッジ規制に反対か

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用くださいまして誠に有難うございます。
英金融庁FCAは、欧州証券市場監督局ESMAが決定した最大レバレッジに、反対意見を表明しているようです。


ESMAがレバレッジ規制案に対する一般公募の最終期限まであと1週間ですが、レbレッジを巡る議論はまだまだ予断を許しません。 ESMAが今回のレバレッジ規制案公表以降、傘下の現地金融当局は様々なリアクションを取っています。 因みに、FCAは2016年12月にすでに細田レバレッジを50場に制限する措置を導入済みです。

ESMA、FX/CFD業界のガイドラインを最終決定|海外FXお役立ちガイド


さらに、ESMAは今月上旬にレバレッジ規制案の具体策を披露し、取引商品ごとに細分化されたレバレッジ規制の導入を明らかにしました。 この実現は、ブローカーを含む業界関係者の懸念事項となっています。

ESMA、FX/CFD銘柄ごとに最大レバレッジ制限を区分化|海外FXお役立ちガイド


FCAがESMAに対して反対意見を表明したことは業界に広く伝わり、規制の是非に対する議論をさらに活発化させています。 ある関係者の話では、最大レバレッジを30倍に制限すると、FX関連ビジネスがEU圏外に移動してしまうと警鐘を鳴らしています。


レバレッジ規制に反対姿勢を採っているブローカーは顧客に対して、ESMAにフィードバックを送る旨のメッセージを配信しました。

Forex.com、新規制導入間近のEMSAに対し、フィードバックを送るよう顧客に奨励|海外FXお役立ちガイド


EUのFX規制の今後のあり方は、この1週間がカギとなるでしょう。


≪狭いスプレッドで取引したいなら、Tradeview≫
★Tradeviewの口座開設サポートはこちら
Tradeviewの口座開設サポートはこちら



お知らせ一覧はこちら