ビットコイン受取に対応しました

CySEC、UFX運営会社に対して9.5万ユーロの罰金を科す | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

CySEC、UFX運営会社に対して9.5万ユーロの罰金を科す

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用くださいまして誠に有難うございます。
キプロス金融当局CySECは、海外FXブランド「UFX」を運営している親会社Reliantco Investmentsに対し、9.5万ユーロの制裁金を科しました。


CySECの公式声明によると、サービス提供に関して3つのルール違反があったようです。 9.5万ユーロの罰金の内訳は、公平かつ誠実なカスタマーサポートを怠ったことについて4万ユーロの罰金、正確性を書いた広告掲載に対して4万ユーロの罰金、 そして顧客本人確認の不徹底に対して1.5万ユーロ、となっています。


Reliantco Investments社の取締役であるDennis De Jong氏は「今回の決定は当社ブランドにおいて過去数年で発生していた過失に対してなされました。 最近実施された立ち入り検査において、十分な改善が認められるとのCySECからの意見がすでに出されていますので当社の状況についてはご安心ください。」と説明し、過度の不安や懸念の払しょくに努めている印象です。


≪99.9%の注文が1ミリ秒で約定!≫
★TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設



お知らせ一覧はこちら