8月に入って市場の流れは「リスク回避取引に。。。」

stock-exchange-3087396_1280.jpg

8月に入って、市場の流れは「リスク回避取引に。。。」

債券・金・日本円・仮想通貨は買い、株は売り、VIX指数は上昇へ

・米国債 

10年債が1.724%(8月7日現在)一時1.60%を割れ、2016年以来2年10ヶ月ぶりの低水準を付ける。

30年債も2.12%(8月7日現在) 過去最低は2016年7月の2.0882%近辺に。

・日本国債 

10年債が-0.20%と2016年夏以来の低水準に。

・ドル/円

8月5日のドル円相場は円高が進み、一時105円80銭まで上昇。

2019年1月3日のアジアの朝時間に起きた仕掛けによる瞬間的な暴落で一時104円に突入して以来となる実に7カ月ぶりの円高水準に。その前も、2018年3月は105円割れ。

今年1月はすぐに108円台に回復し、その後は緩やかな円安に進み、112円台まで。

8月になってからの下げは急で、ここから一気にドル売り円買いが進み、戻りが弱ければ更なる下げで105円92銭が切れ、さらに7日の安値水準の105円50銭レベルが破られると心理的な節目の105円割れ、104円台も視野に入れる必要があるのでしょう。

・ビットコイン/円

8月2日未明110万円を超え、3日昼に115万、5日午前に120万円、日が変わってすぐの6日に125万円とゆっくりと切り上がり。8月6日夕方、7月10日以来となる130万円を超える。

130万円を付けたが、達成感もあり更なる上昇は続かず、同日夜30分で5万円下落し125万円台に。7日120万円割れ寸前まで下げるも割れず、120万円から130万円の間での動き。

この約1週間で30万円近くの上昇。6月16日に100万円の大台をつけ、7月17日に一瞬100万を割れる、10日後の26日には50万円アップの150万円まで。

来週の取引が薄くなるマーケットの中、レートは切りあがってきており、130万円を超えられれば、6月26日に記録した150万円が心理的な目標になり、上を目指す展開になるのであろうか?

ゴールド

米中貿易摩擦の激化、世界経済の不透明感に対する懸念を背景とした安全資産としての金買いと、更なる米追加利下げ観測等で安全資産としての「金」の需要が堅調。

・NY金先物

上昇が止まらない。約6年ぶりの高水準。NY金先物1519.6(+35.4)4日続伸で2013年4月以来の1500ドル台に。

・金地金国内価格

2014年1月から5年半を見ると、2度(2014年12月と18年1月)4800円をトライするも超えらなかったが、2019年6月抜けてから一気に上昇。

ここ1ヶ月のチャートを見ても、6月に5000円超え、7月2日の5241円から切り上がり、8月1日5366円のラインがサポートになっていて、8月8日には5572円まで上昇。

既に1980年2月の5535円を超え、次は最高値の1980年1月の瞬間6495円に向け、どこまで上昇するか注視です。参考までにこの1980年1月の平均為替レートは238円レベルでした。

・VIX指数

先週7月29日(月)の12.83%台から一気に5日は24.59と1週間で倍まで上昇。6日には20.17。7日は20%割れる。

5月13日には1日だけ20%を超え、この時は瞬間20.55%まで。1月22日20.80%で2日続けての20%超えは1月8日以来。

お盆前に新規口座開設してCFD取引始めませんか。

 Bigbossの口座開設はこちら!!!

BigBoss 口座開設

XMの口座開設はこちら!!!

XM 口座開設

 

IFCMの口座開設はこちら!!!

IFCMarkets 口座開設