海外FX口座からの出金方法 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

海外FX口座からの出金方法

基本的には入金と同じ方法で出金することに。

FX取引を行う際に最も気になる点と言えば、資金や利益の出金についてではないでしょうか?

出金を行う際には「出金依頼書」をFX会社宛てに送付(FAX、e-mail可)します。この手順は国内FX会社と大きな違いはありませんが、実は海外FX会社における出金方法にはいくつかのパターンがあるのです。次にそれぞれの出金方法について詳しくご説明します。

  • クレジットカード
  • 銀行送金(海外送金)
  • 小切手
  • 決済代行(PayPal、Skrill、WebMoneyなど)

クレジットカードを使って出金する場合

クレジットカードなら入金した金額まではキャンセル扱い

まずはクレジットカードでの入金を行った場合の出金パターンからご説明しましょう。

クレジットカードからの入金を行い、取引をして得た利益を出金したい場合には、クレジットカードから入金した金額まではクレジットカードに返金されます。言い方を変えると「入金した記録がキャンセル扱いになる」ということです。その金額を超える額の出金については、出金先に銀行口座などを選ぶことが出来ます。手続きを行ってから反映されるまではおおよそ3~5営業日程度必要となります。

具体的な例として、クレジットカードから10万円入金し、取引した結果得られた利益との合計15万円を出金した場合を見てみましょう。出金額が15万円ですので、このうちクレジットカードから入金した10万円はクレジットカードに返金されます。この10万円の出金については、手数料はかかりません。

残る純利益の5万円は「出金依頼書」で指定した出金先へ出金されます。一般的に、出金先として銀行口座を指定した場合には送金手数料が出金金額から引かれることになりますので、注意が必要でしょう。

銀行送金(海外送金)を使って出金する場合

出金額の制限はありませんが送金手数料あり。

続いて、銀行送金による入金を行った場合の出金パターンについてご説明しましょう。

銀行送金による入金の場合は、クレジットカードのような制限はありません。したがって、出金依頼書に記載した出金先口座へ出金されます。この場合も、一般的に、出金先として銀行口座を指定した場合には送金手数料が出金金額から引かれることになりますので、予め手数料を確認しておいた方が良いです。

決済代行会社(PayPal、Skrill、WebMoney、etc...)を使って出金する場合

出金先として指定した口座へ自由に出金する事が出来ます。

最後に、PayPalなどの決済代行会社による入金を行った場合の出金パターンについてご説明しましょう。

PayPalなどの決済代行会社による入金を行った場合もまた、クレジットカードのような制限はありません。出金先として指定した口座へ、自由に出金する事が出来ます。また、PayPalなどの決済代行会社の口座へ出金を希望される場合には、海外送金よりも手数料が割安な場合があります。