海外FX口座への入金方法 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

海外FXの入金方法

様々な方法で入金する事ができます。

海外FX口座は、日本国内のFX会社の口座と比較すると、入金方法に大きな違いがあります。

国内のFX会社の場合だと基本的に銀行からの送金のみですが、海外FX会社は様々な方法で入金する事が出来ます。

海外FX会社の場合、世界中のFXトレーダーが様々な通貨による資金の入出金を行うことを考慮に入れているため、豊富な種類の入金方法を提供している会社が数多く存在します。そんな海外FXの代表的な入金方法についてご紹介しましょう。

  • クレジットカード
  • 銀行送金(海外送金)
  • 小切手
  • 決済代行(PayPal、Skrill、WebMoneyなど)

クレジットカードを使って入金する場合

クレジットカードなら即時にFX口座に入金可能!

これらの方法の中でも、もっとも簡単かつ短時間で入金出来るのが、クレジットカードを利用した入金です。インターネットでショッピングを行う感覚で、瞬時にFX口座に入金する事も可能です。

国内FX会社では取り扱っていない方法であるため不安を覚えるかも知れませんが、何も心配は要りません。

世界各国でFXサービスを提供する海外FX会社は、国内大手インターネットショッピングサイト以上に個人情報の取り扱いには厳格なルールを採用しています。毎年の内部監査・外部監査により、セキュリティチェックも万全の体制を整えています。簡単で便利な入出金方法であり、おすすめです!

銀行送金(海外送金)を使って入金する場合

クレジットカードの枠を超える金額を送金する為には有効な手段。

次に送金方法として使われるのが、銀行送金です。

銀行送金と言っても、基本的に日本から海外の銀行口座に送金する事になるので、海外送金と呼ばれる送金方法になります。これはインターネットバンキング上から行える場合もあれば、金融機関の窓口に行かなければならない場合もあります。

それらはお使いの金融機関によって手順が違ってきますので、事前にご確認される事をお勧めします。

また、海外送金には送金手数料が必要となりますので、送金元口座には、実際に入金する金額に送金手数料分を加えた残高がある必要があります。送金手数料も送金に利用する銀行によって違ってきますので、こちらも事前に確認される事をお勧めします。

クレジットカードでの入金に比べると少々面倒ではありますが、クレジットカードの枠を超える金額を送金する為には、もっとも有効な手段です。手続きを行ってから反映されるまでは平均で4~5営業日程度必要となりますので、少しお時間に余裕のある方向けの方法ですね。

決済代行会社(PayPal、Skrill、WebMoney、etc...)を使って入金する場合

出金の際にも入金した決済代行会社の口座へ出金できる!

近年利用頻度が増えてきたのが、オンライン決済代行です。PayPalを例に挙げますと、PayPalという決済代行会社に口座を開き、そこにクレジットカードや銀行送金を利用して入金します。そこからさらに、入金した資金を海外FX会社宛てに送金するという手順になります。

Skrillもほぼ同様の方式ですが、特にPayPalは多くの海外FX会社に採用されており、一度手順を覚えてしまえば、様々な会社で利用することが出来ます。

決済代行会社を利用するメリットは、入出金反映のスピード、この口座の資金からインターネットショッピングなどの様々な支払いができること、出金の際にも入金した決済代行会社の口座へ出金できる、などの点が挙げられます。

海外のサイトでよくショッピングされる方で、すでに決済代行会社の口座をお持ちの方には、すでにある口座をそのまま使う事が出来る為、より利用しやすいでしょう。