ビットコイン受取に対応しました

ESMA、FX/CFD銘柄ごとに最大レバレッジ制限を区分化 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

  • 口座開設サポート
  • 口座に必要な書類
  • 海外FX法人口座サポート

ESMA、FX/CFD銘柄ごとに最大レバレッジ制限を区分化

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用くださいまして誠に有難うございます。
欧州証券市場監督局ESMAは、業界関係者および一般からのフィードバックを反映し、FX・CFD取引のレバレッジの区分化の内訳を決定しました。


ESMAはすでにFX・CFD商品のレバレッジを細田い30倍とすることを決定していますが、今回のヒアリングにより、レバレッジ区分の定義づけを設けました。 ESMAは金融商品のタイプによって、以下の通り細かくレバレッジ上限を公開しました。

対象商品

レバレッジ

メジャー通貨ペア

最大30倍

マイナー通貨ペア
メジャー株式指数CFD

最大20倍

ゴールド

最大20倍

コモディティCFD、マイナー株式指数CFD

最大10倍

個別株式CFD、その他CFD

最大5倍


また、ESMAは現在話題を集めている仮想通貨CFDについては、レバレッジが5倍が適切か否かの議論を継続中です。 投資家保護の観点で、ESMAが仮想通貨CFDのレバレッジを1~2倍に制限する可能性は十分にあり得ます。 これと並行して、ESMAは仮想通貨CFDの広告・宣伝についてもルールを明確にしようと努めています。


すでにお伝えしたように、ESMAはロスカット発動条件の標準化を宣言しました。 FX会社ごとにまちまちであった、ロスカットルールを統一化しようという試みです。 これに加えて、マイナス残高保護の義務化、インセンティブトレードの禁止、バイナリーオプションの全面禁止も発表済みです。

ESMA、FX/CFD業界のガイドラインを最終決定|海外FXお役立ちガイド


≪狭いスプレッドで取引したいなら、Tradeview≫
★Tradeviewの口座開設サポートはこちら
Tradeviewの口座開設サポートはこちら



お知らせ一覧はこちら