ビットコイン受取に対応しました

イスラエル最高裁判所、バイナリーオプション禁止の根拠を国会と金融当局に説明要求 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

  • 口座開設サポート
  • 口座に必要な書類
  • 海外FX法人口座サポート

イスラエル最高裁判所、バイナリーオプション禁止の根拠を国会と金融当局に説明要求

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用くださいまして誠に有難うございます。
イスラエル最高裁判所は、イスラエル国会と金融当局ISAに対して、バイナリーオプション禁止措置の理由を説明するよう要求しています。


24日、同国最高裁のDaphne Barak-Erez裁判官は国会とISAに対して、バイナリーオプション全面禁止措置が適当と判断できるのかを説明するよう求めました。 同国のバイナリ―オプション業界が生き残るチャンスがまだ残されているのかもしれません。


イスラエル国会とISDAは来年1月10日までに、「なぜ、他の選択肢ではなくバイナリ―オプション禁止でなければならないか」を明確に最高裁に示さなければならなくなりました。 一連のバイナリ―オプションへの弾圧は、今年の10月に国会でバイナリ―オプション禁止に関する法律が制定されたことにあります。


この法律では、イスラエル国民が国内外のバイナリーオプション業者を利用することを全面敵に禁止されます。 施行日は2018年1月26日となっています。


イスラエル最高裁判所へ申し立てを行ったのは、同国のIT企業Yukom社と同社オーナーであるYossi Herzog氏です。 両者連名の申し立ては、「バイナリーオプション取引全面禁止令はイスラエル国民の権利を侵害しており、特定産業に対する意図的な差別である」と主張しています。


イスラエル当局側の反論はどのようなものなのでしょうか。


≪狭いスプレッドで取引したいなら、Tradeview≫
★Tradeviewの口座開設サポートはこちら
Tradeviewの口座開設サポートはこちら



お知らせ一覧はこちら