ビットコイン受取に対応しました

取引プラットフォーム大手SpotOption、イスラエル国内でのバイナリ―オプション事業を閉鎖 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

  • 口座開設サポート
  • 口座に必要な書類
  • 海外FX法人口座サポート

取引プラットフォーム大手SpotOption、イスラエル国内でのバイナリ―オプション事業を閉鎖

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用くださいまして誠に有難うございます。
バイナリ―オプション向け取引プラットフォーム大手SpotOptionがバイナリ―オプション事業を縮小する方針を明らかにしました。


SpotoOptionはFinance Magnatesに対して、イスラエル国内における全てのバイナリ―オプション関連のビジネスを今後数か月のうちに終了させると語りました。 これは、イスラエル金融当局ISAによるバイナリ―オプション規制強化の対応を受けての事業戦略に基づくそうです。


これと同時に、SpotOptionは経営資源をCFDなど他の投資商品分野に振り分けていく予定とのことです。 同社の取引プラットフォームを利用している顧客に対しては、すでに通知が送信されている模様です。


SpotOption創業者であるPini Peter氏は、「バイナリ―オプション関連サービスを継続する関係者は今後はイスラエル国外のプラットフォームを利用すべきだ」と助言を残してます。


また、ISAによる規制強化について、「当社はイスラエル企業であるため、ISAに決定には従うつもりだ」と、Peter氏は今回の決定を受け入れる心境を語りました。 一連のISAによる改革により、SpotOptionは2017年上半期にイスラエル国内の人員整理を行い、運営態勢をイスラエル国外に振り分けました。 現在重要な拠点となっているのは、香港、ロンドン、シンガポールになります。


同社が実行しているリストラについて、Peter氏は「従業員の60%を整理が必要である」と見積もっています。 しかし、軌道修正にもかかわらず、Peter氏はSpotOptionが持つ技術の優位性や競争優位性を高く評価しており、今後の成長を確信しているようです。 今後の注力分野として、CFDと仮想通過を挙げたことはとても興味深く、近い将来、SpotOptionが仮想通貨取引所とパートナーシップを結ぶ紐近いかもしれません。</p>

Hauser議長はCySECと密に連携し、バイナリ―オプション業界にメスを入れたことで今後も業界になこすことは間違いないでしょう。


≪海外FXお役立ちガイド10周年記念 コラボ企画実施中!≫
★BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設



お知らせ一覧はこちら