ビットコイン受取に対応しました

【仮想通貨】イーサリアム創始者、イーサリアムの次なるロードマップ構想を披露 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

  • 口座開設サポート
  • 口座に必要な書類
  • 海外FX法人口座サポート

【仮想通貨】イーサリアム創始者、イーサリアムの次なるロードマップ構想を披露

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用くださいまして誠に有難うございます。
仮想通貨に関するニュースをお伝えします。


台湾で開催された仮想通貨カンファレンス「Beyond Block Taipei 2017」において、イーサリアム創始者であるVitalik Buterin氏は「Ethereum 2.0」計画を明らかにしました。


Buterin氏とその他有力デベロッパーたちはメキシコで開催されたDevcon 3上でもイーサリアム2.0について触れていました。 今回台湾のカンファレンスで明らかとなった詳細は非常に興味深いものです。


Buterin氏は、現在イーサリアムが直面している問題点としてプライバシー、コンセンサスならびにスマートコントラクトへの信用度、スケーラビリティを挙げています。 そのうえで、「最初の3つの課題はそれぞれzk-SNARKs技術の導入、prrfo-of-stake方式への転換、Viper技術の導入で解決可能である」と、説明しています。


しかし、イーサリアムのスケーラビリティの問題解決には困難が多いようで、多くの開発者を巻き込みながら現在も解決するための技術を開発中とのことです。 Buterin氏によると、イーサリアムは1秒で数千の送金を処理できるスケールを備える予定だそうです。 スケーラビリティ拡大のためのカギになるのはシェアリング技術と見られており、「最終的な実現には3~5年の機関が必要である」と、Buterin氏は予想しています。


現在、イーサリアム価格は470ドルを突破し、500ドルが間近となっています。 イーサリアムへの注目度は日に日に高まっています。


≪海外FXお役立ちガイド10周年記念 コラボ企画実施中!≫
★BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設



お知らせ一覧はこちら