ビットコイン受取に対応しました

CySEC、傘下のFX会社に対してLEIナンバー取得を要請 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

  • 口座開設サポート
  • 口座に必要な書類
  • 海外FX法人口座サポート

CySEC、傘下のFX会社に対してLEIナンバー取得を要請

平素より海外FXお役立ちガイドをご利用くださいまして誠に有難うございます。
海外FX業界の最新動向についてのニュースをお伝えします。


9月20日、キプロス金融当局であるCySECは傘下のFX会社に対して、LEIナンバーを取得するよう要請する名声を発表しました。 LEIナンバーとは、「Legal Entity Identifier」の略で、EU圏の法規制MiFID Ⅱ(2018年1月に施行)によって傘下の金融事業者が所得を義務付けられている企業ごとに固有のIDです。


CySECの声明によると、CySEC加盟のFXブローカーは2018年1月3日のMiFID Ⅱ施行までに、LEIナンバーを取得することが義務付けられます。 18日には、ゼロリセットルールについての明文化したCySEC。非常に強いリーダーシップを国内のFX業界に対して発揮している印象です。

(関連記事)CySEC、マイナス残高リセットのルール明確化へ|海外FXお役立ちガイド


≪海外FXお役立ちガイド10周年記念 コラボ企画実施中!≫
★BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設



お知らせ一覧はこちら