《注意勧告》IronFX 日本在住者受入再開について | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

《注意勧告》IronFX 日本在住者受入再開について


以前、海外FXお役立ちガイドでもご紹介しておりました「IronFX」の現在の状況につきまして、
皆様にご連絡させていただきます。

IronFXは2014年1月14日をもって日本在住者への全てのサービスを停止しておりましたが、
この度サービスの再開を発表いたしました。

しかしながら、以下の経緯によりIronFX口座のご利用につきましては、注意勧告を致します。


《日本のライセンス取得手続きと既存口座のサポート終了》

以前のIronFXはハイレベルなトレード環境を提供する非常に人気の高いブローカーの1つでした。
しかし、2014年1月14日より、日本でのライセンス取得を目的としたコンプライアンス調整を開始し、
日本在住のお客様の新規口座開設を停止しました。

またこの決定により、当初はサービスが継続されるとされていた既存の日本在住顧客口座についても、
十分な猶予も無く保有ポジションの決済を余儀なくされ、間もなく全てのサービスは停止されました。

この様な行為は、顧客の利益や利便性を完全に無視した行為であり、
それによって多くのお客様が大変な迷惑を被りました。


《中国市場のでの失敗》

IronFXは以前より中国市場への営業に注力しており相当数の顧客を抱えておりました。
しかし、現在IB (紹介会社) 及び中国顧客に対し30億の不払いが発生しており、
暴徒化したIBや顧客がオフィスに押し寄せニュースにもなりました。

「資金を返せ」とIronFX社の中国人トレーダーがオフィスを襲撃

中国TV番組、IronFX社の不正行為調査を放映し大反響、同社は反論

中国オフィスは既に閉鎖され、現地スタッフ600名及び、
キプロスオフィスに勤務する中国人スタッフ100名が解雇されています。

また、100件を超える民事訴訟がキプロス及び英国にて執り行われており、
これ以外にも被害を訴える人達が後を絶たない状況です。

インターネット上にはそうした被害者のみならず、
解雇された元従業員から投稿されたIronFXの内情を暴露する投稿も多く、
IronFXはもはやこうした事態を収拾できない状態です。


《日本ライセンス取得断念と日本市場への再参入》

中国市場での失敗により多大な負債を追ったIronFXは、経営建直しのために日本でのライセンス取得を断念し、
海外FXブローカーとして日本在住者の新規受入を再開しました。

日本在住者から入金された資金がキャッシュフローに充てられ、
最終的には中国市場同様出金拒否の現象が起こることが懸念されます。

現在のIronFXは、以前のIronFXとは全く違います。
以前のサービスレベルはとても期待できないばかりか、預けた資金が確実に返金される保障はありません。

皆様におかれましては、どうか今後IronFXをご利用されないよう、
信用のおける海外ブローカーで安全な取引を行っていただきますようお願い申し上げます。

本件につきまして、ご不明な点がございましたら、info@kaigaifx.com へお問合せください。



お知らせ一覧はこちら