【MT4】Metaquotes社サーバーアップデートに伴うお知らせ | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

【MT4】Metaquotes社サーバーアップデートに伴うお知らせ

2014年8月1日、Metaquotes社により、Metatrader 4(MT4)がアップデートされます。
これに伴い、Build 600より古いバージョンのMT4はサポート対象外となり、
取引サーバーへ接続不可となります。

ご利用のMT4バージョンがBuild 600より古い場合、最新版のBuildバージョンへアップデートして頂く必要がございます。

《バージョン確認方法》
現在ご利用のMT4のバージョンは、下記の手順でご確認いただけます。。

①MT4を立ち上げます。
②画面上部の「ヘルプ」をクリックし、「バージョン情報」を開きます。
③表示されたページの左下にある「Build ●●●」が現在のバージョンです。

《バージョンアップ方法》
ご利用のバージョンがBuild 600より古い場合、下記の方法でアップデート手続を行って頂きますようお願いします。

①各社のWEBページまたはマイページより最新版の MT4をダウンロードします。
②MT4プラットフォームを「管理者として実行」より立ち上げ、アップデートが進みます。

《バージョンアップに伴う注意事項》
Build 600 は、それ以前のバージョンと大きく異なる点があります。
特にBuild 600以前のバージョンでEAをご利用の方は、ご注意ください。

● EA等のファイル保存場所の変更
● MQL4コーディング言語の変更

バージョン確認・アップデート方法の詳細手順などにつきまして、
こちらの記事でご確認ください。



お知らせ一覧はこちら