IFC Markets 会社訪問記|海外FXの口座開設なら海外FXお役立ちガイド

口座開設

海外FX会社訪問記

IFC Marketsの会社訪問記

IFC Marketsと地域の紹介

IFC Marketsの本社はイギリスの首都ロンドンの中心地である、シティ・オブ・ロンドンにあります。シティは金融街として長い歴史を有しており、世界中から様々な金融機関がオフィスを構えています。

IFC Marketsの本社が入っているオフィスビルに向かう道すがら、シティを散策したのですが、そこかしこから一流ビジネス街の雰囲気を感じ取ることができました。こんな刺激的な街で働けるなんてとても羨ましいですね。

IFC Markets社内の雰囲気

IFC Marketsオフィス内に入ると、スタッフの皆さんがフレンドリーに歓迎してくれました。和やかな雰囲気で業務に臨んでいる光景が非常に印象的でした。

営業デスク、カスタマーサポートデスク、ITデスクなどの部署にもお邪魔してきました。60か国のトレーダーにサービスを提供しているだけあって、非常に多国籍なオフィスです。

IFC Marketsでは社員同士のレクリエーションが充実しており、機会を見つけては職場の仲間が集まってイベントを行っているとの事です。楽しそうでいいですね。仕事もレクリエーションもしっかり楽しむ企業風土は是非見習いたいと思いました。

IFC Marketsの歴史とコンセプト

IFC Marketsは、金融テクノロジー集団であるIFCM Groupの一般向けFXサービスとして2006年に誕生しました。この12年間で80ヶ国・地域の12万人のお客様にFX取引サービスを提供しています。英国領ヴァージン諸島BVI FSC(No.SIBA/L/14/1073)、キプロスCySEC(No.147/11)という2つの監督官庁よりブローカーライセンスを取得しているので、信頼性・安全性は極めて高いです。

同じIFCM Groupの関連会社であるNetTradeX Corpが開発した独自の高機能取引プラットフォーム「NetTradeX」の提供も手掛けており、一般的なMT4/MT5ブローカーとは一線を画したトレード環境を体験できます。

IFC Marketsは「これまでに体験したことのないFXサービス」をコンセプトを掲げています。このコンセプトの下、1ドルから入金が可能な初心者用口座(MT4マイクロ口座、MT5マイクロ口座、NetTradeXビギナー口座)、既存のCFD銘柄を組み合わせる独自ポートフォリオ商品取引に利用していないフリーマージンに利子を付与、といった独自サービスを提供しています。

IFC Marketsの競合他社に対する強みを伺いました

IFC Marketsは他の海外FX会社が提供していない独自の魅力的なサービスが売りです。

MT4、MT5、NetTradeXすべての取引プラットフォームにて、1ドルから入金できる初心者用口座を用意しています。比較的取引頻度が小さい初心者の方にとって、メリットとなるのがフリーマージンへの利子付与サービスでしょう。前月の取引量に応じて、最大7%の利子が取引に使っていない証拠金に対して付与されます。

熟練トレーダーにとっても、IFC Marketsはお気に入りのFX会社となるはずです。同社のNetTradeXプラットフォームでは、独自の「合併商品」という機能を利用することで、独自の取引商品を組成することが出可能です。例えば、XAUJPY(ゴールド/円)、CNHJPY(人民元/日本円)、VSUSD_Index(ドル指数)など、一般的なMT4/MT5では取引できない商品をトレードできます。

IFC Marketsからお客様へのメッセージ

2006年から安心してトレードを行えるIFC Marketsの安全な取引環境をお試し下さい。当社では、仮想通貨先物を含めた500銘柄の取扱商品をご用意しております。これは、海外FX業界で最大規模の商品ラインナップです!

また、フリーマージンに対して最大7%までの利息をお付けしていますので、取引をしていなくても利益を得ることができます。初心者トレーダーから専業トレーダーまで、皆様に業界最高水準のサービスを提供してきますので、是非IFC Marketsをお試しください!

IFC Marketsの概要

IFC MarketsIFC Markets(アイエフシーマーケッツ)

1ドルからFXがトレードできます

IFCMは堅実に良質なFXサービスを提供しています。提出書類1点で口座開設出来る手軽さが嬉しいですね。取扱い銘柄数が豊富で、とくにCFD商品銘柄数は業界最高レベル。米国株式、英国株式だけでなく、ロシア株式、ドイツ株式、香港株式、オーストラリア株式など、主要国銘柄に投資ができるのが魅力です。
また、固定スプレットの提供、DMA/STP方式の注文執行方法、など取引条件も優れています。1米ドルから入金出来るため、FX初心者は気軽に始めることができます。
トレードに利用していない証拠金に対して最大7%の利子を付けるサービス、海外証券取引所に上場しているETFのCFD商品の提供など、独自のサービスも展開しています。

IFC Markets 公式ホームページ

  • ハイブリット型DMA/STP方式
  • 初心者安心の最低入金額と最小取引量
  • 入念な顧客資金保全
  • 業界最高レベルのCFD銘柄数
  • 独自ペアを作れる「合併商品」

ハイブリット型DMA/STP方式

IFC Marketsの注文執行方式は、DMA方式とSTP方式を注文サイズによって使い分けています。どんな取引量であっても、ディーリングデスクなしの注文処理を利用できることには変わりありません。
1)1,000万ドル相当以上の大規模注文:リクイディティプロバイダーへ直結のDMA方式
2)100万ドル~1,000万ドル相当の中規模注文:インターバンク市場で流すSTP方式

初心者安心の最低入金額と最小取引量

IFC Markets (IFCM) は、NetTradeX Beginner口座(ビギナー口座)とMT4 Micro口座(マイクロ口座)で、海外FX業界最小レベルの入金額と取引量を設定しています。
両口座タイプでは、100円からの最低入金が可能です。
NetTradeXビギナー口座では、さらに、100通貨からの取引も可能となっています。

入念な顧客資金保全

IFC Marketsは、顧客資金を顧客資金用銀行口座で分別保管するだけでなく、さらに、米国最大手保険会社AIGの保険をかけています。これ以上、安心な顧客資金保全はないでしょう。

業界最高レベルのCFD銘柄数

IFC Marketsは、他社を圧倒的に上回る数のCFD銘柄を取り揃えています。

株式指数CFD、株式CFD、コモディティCFD、商品先物CFDで合計309銘柄を誇ります。とくに、株式CFDの取扱い数は特筆すべき豊富さで、米国株式、英国株式だけでなく、ロシア株式、ドイツ株式、中国株式、日本株式の取引が可能です。IFC Marketsだけでしか取引できない銘柄も多数あります。

独自ペアを作れる「合併商品」

IFC Markets Corp.が開発した「GeWorko Method」という新しいポートフォリオ分析・取引手法を応用し、IFC Marketsは”合併商品”という機能を提供しています。
この”合併商品”はNetTradeX上でのみ利用可能で、ベース資産とクオート資産を自由に選ぶことで、独自の通貨ペアやCFD商品を作成することができます。例えば、CNHJPY(人民元/日本円)などが作成・取引可能です。