持ち高 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

FX用語集

持ち高

持ち高とは、FX取引に限らず、株式取引でも使われる言葉で、売買注文を出した後に未決済のまま所有している通貨や株の数量のこと。
英語では「Position(ポジション)」と呼び、日本でも投資家同士の会話の中では頻繁に使われる用語の一つである。
売買の注文を出し、それが成立した際に初めて「持ち高」となるが、持ち高のままでは利益及び損失は確定せず、その持ち高が決済されて、初めて利益及び損失が確定する。

この「ポジション」を使った例の一つに「ポジショントーク」があり、自らが保有しているポジションの内容を前提に相場が自分に有利になるような話題を他人に伝える様子を指す。
例)「(ドル円をロングポジションを保有している前提で)さっき発表された指標を見ても、ここからは絶対円安になるよね!!」

一覧に戻る

FX用語集インデックス