外貨準備高 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

FX用語集

外貨準備高

外国為替相場を安定させる目的などで、各国の通貨当局が外国為替市場へ介入するために保有している資産の額。 日本では財務省と日本銀行が持つ外貨の総額を指し、毎月財務省が詳細を発表している。(2016年1月時点の日本の外貨準備高は約1兆2481億ドル) 日本の外貨準備高は世界一でしたが、現在は、中国に抜かれ世界第2位の水準で、うち米債を含む外国証券が約7割を占め、残りは外貨預金やゴールド。 国が保有する外貨や証券などの合計額で、外貨建ての借入金の返済など対外的な支払い能力を示す。企業や個人など民間が保有している分は含まれない。

一覧に戻る

FX用語集インデックス