覆面介入 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

FX用語集

覆面介入

外国為替市場で金融当局(政府や中央銀行)が為替介入を行う際に、介入を行っていることを公表せずに秘密裏に行うこと。
マーケット関係者が一般的に使用しているスラング(隠語)で、隠密介入とも言うが、通常の場合、介入は非公開で行われる為、一般的には「介入」という用語のみが使用され、 介入した実績は毎月月末に財務省から公表される「外国為替平衡操作の実施状況」から知ることが出来る。
介入と呼ばれるものには、複数の国が同時に介入を行う「協調介入」や、金融当局による市場取引を伴わない、アナウンス効果のみを狙った政府高官による発言を指す「口先介入」などがある。
自国通貨を介入によって調整し、自国経済にとって有利になるように誘導する事に利用される事もあることから、金融当局による過剰な介入は時として国内外から非難されることもある。

一覧に戻る

FX用語集インデックス