ビットコイン受取に対応しました

経常収支 | 海外FXの口座を無料で開設。海外FXお役立ちガイド

FX用語集

経常収支

国の国際収支を評価する基準のひとつで、「国際収支統計」または「経常勘定」といも言われる、外国との経済取引で生じた収支統計を指す。
同統計は、世界のほとんどの国や地域において、国際連合の国際通貨基金(IMF)が策定した国際収支マニュアル(BPM)にのっとって作成されている為、各国の統計結果を比較しやすいという特徴を持つ。
貿易・サービス収支、第一次所得収支、第二次所得収支の4つで構成される。

貿易収支: 財貨(物)の輸出入の収支を示す。
   国内居住者と外国人(非居住者)との間のモノ(財貨)の取引(輸出入)を計上する。

サービス収支: サービス取引の収支を示す。
  (サービス収支の主な項目)
    輸送:国際貨物、旅客運賃の受取・支払
    旅行:訪日外国人旅行者・日本人海外旅行者の宿泊費、飲食費等の受取・支払
    金融:証券売買等に係る手数料等の受取・支払
    知的財産権等使用料:特許権、著作権等の使用料の受取・支払

第一次所得収支: 対外金融債権・債務から生じる利子・配当金等の収支状況を示す。
  (第一次所得収支の主な項目)
    直接投資収益:親会社と子会社との間の配当金・利子等の受取・支払
    証券投資収益:株式配当金及び債券利子の受取・支払
    その他投資収益:貸付・借入、預金等に係る利子の受取・支払

第二次所得収支: 居住者と非居住者との間の対価を伴わない資産の提供に係る収支状況を示す。
    官民の無償資金協力、寄付、贈与の受払等を計上する。

一覧に戻る

FX用語集インデックス