購買力平価説

  • 投稿日:
  • by
外国為替レートの決定要因は、自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されると説明する概念。 自国通貨と外国通貨で同じものを購入できる比率によって為替レートを決定するという考え方。 たとえば、マクドナルドのハンバーガーをそれぞれの国で同じ程度の負担で購入できる比率に為替レートは調整されるべきであるといった考え。 1921年にスウェーデンの経済学者、グスタフ・カッセルが『外国為替の購買力平価説』として発表。