オプション取引

  • 投稿日:
  • by
オプションとは、金融商品(指数、値段)などを一定の取引期間内に一定の価格で売買する権利。それには『コール・オプション(買う権利)』と『プット・オプション(売る権利)』があります。 それぞれの権利に対して売買が行なわれ、これをオプション取引と言います。ある商品の価格が上昇すると予測すれば『コール・オプション』の買い、 もしくは『プット・オプション』の売りとなり、 逆に価格が下落すると予測すれば 『コール・オプション』の売り、もしくは『プット・オプション』の買いを行ないます。