ドルコスト平均法

  • 投稿日:
  • by
株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。 高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。 価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。 価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。 長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法。