【衆院総選挙】海外FX各社のレバレッジ制限対応をまとめてみた

見出し写真

みなさん、こんにちは。海外太郎です。


日本は今、とても冷え込んでいるという話をネットニュースなどで目にしました。暖かくなったり寒くなったりすると体調を崩しやすくなりますよね。くれぐれもお気を付けください。


さて、今週末日本は衆議院総選挙ですね。私も在外投票をちゃんと行いますよ。小池東京都知事による「希望の党」フィーバーが優勢になるかと思いきや、尻つぼみになりましたね。


結局、与党の勝利で幕を閉じるのではないかというのが大方の良そうで、市場も与党の勝利をすでに織り込み済みではないかと思われます。


海外FX業者の中には、今回の衆院総選挙を受けて一時的なレバレッジ規制を導入しているところも出てきています。


海外FXお役立ちガイドが紹介しているFX会社の状況は下記の通りです。



XM

日本人トレーダー人気No.1のXMは、今回レバレッジ規制を実施すると発表しています。詳細は以下の通りです。


【期間】
10月21日(土)日本時間02:00~10月23日(月)


【対象商品とレバレッジ制限】
・全JPY通貨ペア、GOLD、SILVER:レバレッジ100倍に制限(必要マージン率1%)
・JP225及びJP225cash:レバレッジ50倍に制限(必要マージン率2%)


新規ポジションと既存ポジションの両方に適用されますので、お気を付けください。


XMは金曜クローズ直前の21日(土)午前2時からレバレッジ規制を導入します。薄商いの時間帯で相場は動かないと思うのですが、薄いからこそ突発的な価格変化に注意したいですね。


★入出金・サポート・取引条件、トータルで死角なし XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

FxPro

創業以来10年以上STP取引環境を提供しているFxProは、今回レバレッジ規制を実施します。詳細は以下の通りです。


【期間】
10月20日(金)日本時間23:00~2017年10月23日(月)


【対象商品とレバレッジ制限】
・全JPY通貨ペア:必要マージン率1%(レバレッジ100倍)
・スポットメタル:必要マージン率1%(レバレッジ100倍)
・株式インデックス(スポットおよび先物):必要マージン率2%(レバレッジ50倍)


新規ポジションと既存ポジションの両方に適用されますので、お気を付けください。


FxProは少し早めの20日(金)23時からレバレッジ規制を実施します。この時間帯はまだ比較的、ヨーロッパはもちろん日本からの取引もあるので、しっかりチャートを見ていたいですね。


★創業以来の安心STP環境 FxPro
FxProの口座開設サポートはこちら
FxPro 口座開設



TradersTrust

昔ながらの堅実なブローカーモデルで安定しているTradersTrustも、今回レバレッジ規制を決定しています。詳細は以下の通りです。


【期間】
10月20日(金)日本時間22:00~2017年10月23日(月)日本時間15:00


【対象商品とレバレッジ制限】
下記のJPY通貨ペアの必要マージン率を1%に変更します(レバレッジ100倍)。

AUDJPY、CADJPY、CHFJPY、EURJPY、GBPJPY、NZDJPY、SGDJPY、USDJPY


新規ポジションと既存ポジションの両方に適用されますので、お気を付けください。


FxProはさらに早く20日(金)22時からレバレッジ規制を実施します。夜もそれほど深い時間帯ではなく取引量もある程度あるはずなので、薄商いによる突発的な価格変動はないのではないかと思われます。


★潤沢なリクイディティによる高速約定 TradersTrust
TradersTrustの口座開設サポートはこちら
TradersTrust 口座開設

以上、3つの海外FX会社より一時的なレバレッジ規制の発表が出ています。


これ以外の、BigBoss、FXDD、Tradeview、IFCMarkets、HighTradeFXからはレバレッジ制限の告知は出ておりません。


いずれにせよ、衆議院選挙の結果が判明した週明けの月曜オープン時に備えて、証拠金維持率に注意しつつトレードした方がよさそうです。


秋の口座開設キャッシュバック実施しています。
10周年記念のため、現在最大23,000円キャッシュバック中!
秋の口座開設キャンペーン