海外FX会社でビットコインを取引しよう

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

見出し写真

ビットコイン価格が40万円前後を推移するのが当たり前になってきました。


価格高騰のニュース、VALUの炎上ニュース、など白黒織り交ぜつつも、ビットコインを含む仮装通貨が世間でも話題になってきています。


海外FXお役立ちガイドの各種キャッシュバック受け取りでもビットコイン送金を希望されるお客様が増えてきています。


ビットコインを購入・保有・取引するには、ビットコイン取引所で口座開設する必要があります。


★ビットコイン取引量国内第1位! coincheck
coicheckの口座開設はこちら
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



しかし、改正資金決済法(仮想通貨法)が今年4月に施行された影響で、ビットコイン取引所のチェックが厳しくなってきています。


そのため、「ビットコイン取引所への書類提出が煩雑」、「口座開設承認までの時間が長い」、とお困りの声がよく聞こえてきます。


「できるだけ早くビットコインを取引したい!」と思っている方、海外FX業者のビットコインCFD取引を試してみてはどうでしょうか?


★ビットコインCFDが取引可能 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設



BigBossでビットコインCFD

BigBossでは、BTCUSD(ビットコイン/米ドル)というCFD銘柄が取引可能です。


BigBossのMT4を開き、通貨ペアリストを見てみると、「SQE-Currency」というグループの中に、「BTCUSD.sq」があります。
※BigBossでは、「.sq」が末尾についた通貨ペアが取引可能ですので、ご注意ください。


BigBossビットコインCFD


気配値画面にBTCUSD.sqを表示させたら、後は通常の通貨ペアと同じようにトレードするだけです。



ビットコイン取引所より口座開設がスピーディ

BigBossの口座開設は書類提出を先延ばしにできるクイック口座開設を採用しています。


したがって、口座開設をした当日に入金反映を経て、ビットコインCFDを取引することができます。


書類提出、携帯自撮り画像アップロード、簡易書留受け取り、入金、というプロセスを経て数日かけて初めて、取引可能になるビットコイン取引所よりも簡単ですよね。



取引コストが安い

さらに、もう1つのメリットとして、ビットコイン取引コストがBigBossのビットコインCFDの方が小さいことが挙げられます。


国内大手ビットコイン取引所bitFlyerでは、ビットコインはこの記事執筆時点で428,953円から442,121円で取引されています。


bitFlyerビットコインCFD01


つまり、取引コスト(=スプレッド)は13,168円です。


BigBossのMT4を見てみましょう。ブログ記事を書いている現時点で、3,982.84ドルから4,029.98ドルで取引されています。


bitFlyerビットコインCFD02


取引コストは47.14ドル、1ドル109円で換算すると、5,138.26円となります。


このように、BigBossでビットコイン取引をすれば、コストを2倍程度安く節約することができます。



おわりに

今回はビットコイン取引のプラットフォームとして、BigBossをご紹介しました。


口座開設の容易さ、取引コストの安さ、の点で国内ビットコイン取引所に勝っているため、コンプライアンスが厳しくなっているビットコイン取引所の代替案として検討する価値アリです。


当然、BigBossでもビットコインのレバレッジ取引が可能です。国内取引所と遜色変わらないレバレッジ10倍が提供されています。


ビットコインの資産価値上昇のトレンドを逃さず、すぐに取引したい方は、是非BigBossをご利用ください。


★ビットコインCFDが取引可能 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


BigBoss口座開設キャッシュバック増額キャンペーン、絶賛延長中です!
BigBoss増額キャンペーン