ビットコインのハードフォークとは?ビットコインの現状について分かり易くまとめてみた

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

見出し写真

海外FX会社へのビットコイン入金が普及しつつあることを受けて、そして手前味噌ですが、当サイト「海外FXお役立ちガイド」がいち早くキャッシュバックをビットコインで送金することも後押しになり、FX界隈ではすでにビットコインの利用度はある程度高まっているように感じます。


世間一般では、春以降のビットコイン価格高騰の報道をきっかけに、ビットコインが広く認知されたのではないでしょうか。投機目的のビットコイン取引もこのころから増えてきましたね。


そんな注目度急上昇中のビットコインですが、今月に入って日本経済新聞などメディアで報道されているように、「ビットコイン分裂問題」がセンセーションを巻き起こしています。CoincheckやbitFlyerなど国内のビットコイン取引所を利用されている方は、一時的なビットコイン送金サービス停止のお知らせを受け取って、不安になられているかもしれません。


2017年8月1日「Bitcoin Cash」に係る対応方針と一部機能の停止について|Coincheck


8月1日に起こる可能性のあるビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応|bitFlyer


ビットコインは安全なのか?
ビットコインは無くなるのか?


と心配になって、当方にお問い合わせをされる方もいらっしゃいます。


憶測や不正確な情報のせいで動揺されないよう、今回は現在ビットコイン業界全体を巻き込んで展開している「ビットコイン分裂騒動」について情報をまとめてみたいと思います。



★いち早くビットコイン入金を導入 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


★超低スプレッドの提供&抜群の取引環境 Tradeview
Tradeviewの口座開設サポートはこちら
Tradeviewの口座開設サポートはこちら


★優良サービスが圧倒的人気! XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設



ビットコイン分裂騒動の原因は?

そもそも、なぜビットコイン分裂が議論されるようになったのでしょうか?


その原因は、「ビットコイン送金処理能力が現状の取引件数に対応できなくなった」、という問題にあります。


みなさん、ビットコインの送金には意外に時間が掛かっているのにお気づきでしょうか?指定する送金手数料の大きさによっては、ビットコインの送金完了までの時間に大きな差が生じ、1時間~1日以上もの開きが生じるようになってしまいました。


実はこれは、ここ1年以上問題視されている現象なのです。最近のビットコイン価格高騰のニュースが流れて以降、さらにビットコイン取引参加者が急激に増えてため、ビットコイン取引数も急増しました。


これにより、現状のビットコイン取引処理能力では、急激に増えたビットコイン取引を処理できず、ビットコイン送金詰まりが起こったのです。


このビットコイン詰まりを解消するために、ビットコインのルール変更がビットコイン採掘者とビットコインユーザーの両方を巻き込んで議論されるに至りました。



ビットコイン詰まりの解決策とは?

ビットコイン送金詰まりを解決策を議論していく中で、大きく分けて2つの解決方法が出てきました。


それが「ハードフォーク」と「ソフトフォーク」です。


どちらもビットコインのブロックチェーンのプログラム仕様を変更する方法なのですが、内容は大きく異なります。


ハードフォークはある特定のブロック(ビットコイン取引記録が保存されているデータのまとまり)以降から、新しい仕様に変更させる方法です。


ビットコインハードフォーク


ハードフォークでは、仕様変更の前の旧ブロックと、仕様変更後に新しく生成されるブロックは互換性がなくなります。さらに、仕様変更後も旧ブロックは依然として利用可能なので、旧ブロックと新ブロックの両方が併存していくことになります。


これが、「ビットコイン分裂」と騒がれている理由です。


もう一つの解決案であるソフトフォークは、今までのビットコイン取引記録のブロックに必要最低限の変更を加える方法です。ソフトフォークでは、仕様変更前後でブロックに互換性があるため、ビットコイン分裂は起こりません。


ビットコインソフトフォーク



ソフトフォーク vs ハードフォーク

ビットコイン送金詰まり問題を解決する上記2つの案を巡っては、ビットコイン取引において圧倒的大多数を占めるマイナー(採掘者)達の間で対立が生じています。


私たちビットコインユーザーにとっては、分裂が起こらないソフトフォークの方が望ましいのですが、マイナー達にとってはそうではありません。


ソフトフォークでは、ビットコイン取引ブロック内の取引データが圧縮されます。その結果、ビットコイン送金手数料が現状より安くなると言われています。


マイナー達はビットコイン取引承認作業の報酬として得られるビットコイン送金手数料で生計を立てているため、ソフトフォークに反対しているマイナー達のグループが存在しているわけです。



8/1に何が起こる?

ビットコイン業界では1年以上かけて、マイナーを含めたビットコイン技術者たちの間で、このソフトフォーク派とハードフォーク派が支持率を競い合う状態が水面下でずっと続いてきたわけです。


そして、Coincheckなどビットコイン取引所からの通知でご存知のように、今年の7月23日にはBIP91と呼ばれるプログラムによるソフトフォークが有効となりました。


この時は大きな混乱もなく、週明けのビットコイン相場は30万円台を回復するまで価格上昇が見られました。


ビットコイン価格


そして7月23日に続き、来る8月1日にはハードフォークが起こると言われています。


このハードフォークにより、ビットコインは既存のブロックチェーンにおいては従来通りのビットコインが取り扱われる一方で、新しく形成されるブロックチェーンでは「ビットコインキャッシュ」という新しい仮想通貨が取り扱われる予定です。


このハードフォークが安定的に稼働すれば、ビットコイン取引においてビットコインと同量のビットコインキャッシュが発生することになります。


このビットコインキャッシュの取扱いについては、8月1日以降の状況を見てみないと各取引所は対応を決めかねるようですが、私はイーサリアムの件と同じように、両方とも価値が付くのではないかと思っています(イーサリアムは、ハードフォークによって、イーサリアムとイーサリアム・クラシックに分裂しましたが、両方とも正常に取引されています)。


何はともあれ、8月1日が過ぎるまで一旦ビットコインから離れている方が良さそうですね。



★いち早くビットコイン入金を導入 BigBoss
BigBossのクイック口座開設はこちら
BigBoss クイック口座開設


★超低スプレッドの提供&抜群の取引環境 Tradeview
Tradeviewの口座開設サポートはこちら
Tradeviewの口座開設サポートはこちら


★優良サービスが圧倒的人気! XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


既存会員さんに嬉しいお知らせです。
7/31までの期間限定で、追加入金キャンペーンを実施しています。お早目にご利用ください!
追加入金キャンペーン


初めて海外FXを利用される方にはこちらのキャンペーンがおすすめです。
夏の口座開設キャッシュバックで最大18,000円をゲットしてください!

夏の口座開設キャンペーン