初めてのCFD取引 Part-11

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

20170713_CFD-116870875029_14b5890993_z.jpg
フリーマージンに対して最大7%利息!!!

こんなCFD会社が有りますよ。。。

信じられませんか? 本当なんですよ。

それはCFDの大手『IFCM社』です。

その利息はなんと最大7%です。

2017年7月13日現在で赤色の大手銀行のホームページから円預金金利を調べてみました。

普通預金・スパー普通預金は全て0.001%。

スーパー定期で1ヶ月から10年まではすべてが0.01%。

勿論、利息から税金分は引かれます。

因みに税金分は、復興特別所得税(税率は2.1%)。所得税の税率に102.1%をかけて、合計税率を計算します。

預金の場合、利子にかかる税率は、所得税15%と住民税5%です。

復興特別所得税は、このうちの所得税15%の部分にかかってきますので、15%×102.1%=15.315%。

つまり、満期を迎える預金には、(所得税+復興特別所得税)+住民税で、15.315%+5%=20.315%の税金が引かれることになります。

復興税分が、利子の手取りとして減るのです。 上記の例に当てはめて計算すると、 普通預金は金利が0.001%つくので、100万円を1年間預けるとすると100万円 X 0.001%=1000円 の利息。

この利息に対する税額は、

・所得税(復興特別所得との合計)は1000円×15.315%=153.15円 小数点以下を切り捨て153円が税額。

・住民税は1000円×5%=50円 所得税(復興特別所得との合計)153円+住民税50円=203円 よって手取りは1000円-203円=797円になります。

100万円を銀行に預けると、1年後には100万797円にしかならないと言うか、元本100万円保証で797円の利息がつくと考えるか。。。

IFCMなら最大で7%の利息がつくので、100万が1年後には107万になります。

赤色銀行と比べると、利息で実に87.8倍もの差があります。

差額を計算すると、70000円-797円=69203円 にも。入金額が増えれば比例して利息額は増加。

『IFCMはフリーマージンに対して7%までの利息』

休んで取引をしなくても、口座に残高があるだけで利息が。

常にポジションを持っているとは限りませんよね。

『休むも相場』とも言われます。

ポジションを無くしてゼロでマーケットを見てみると、見えなかった事や冷静な判断が出来るかもしれません。

そんな休んでいる時でも口座に資金が有れば利息が付くのです。

つまり取引を休んでいるときにも資金は、停滞する事なく利息を生み、稼ぎ続けてくれるのです。

詳細は、

1.毎月、利息の計算がなされ、取引口座に追加反映

2.利息は制限なしで、資金の使用が可能

3.入金に関する上限やミニマム金額の制限なし 条件 利息は利用されていない資金・フリーマージンに対し計算。 利息の利率はその月の取引ロット数によって決定。

月末に、利息は取引口座に反映。
スワップフリー、イスラム口座には利息はなし。

利息利率 取引ロット (条件ロット数) 利息率(年利)

10ロット以下           0%

10ロット~ 30ロット    1%

30ロット~ 50ロット    2%

50ロット~ 70ロット    4%

70ロット以上            7%  上記の計算では損益がゼロの取引は含まれません。「Unlocked             Position」や「Reopen position」も含まれません。

この機会にIFCMに口座開設してみませんか!!!

IFCM口座開設はこちら!!!

IFCMarkets 口座開設

      

IFCMの最新記事


その他、IFCMの関連記事はこちら