【初心者FX】短期トレードに最適な時間帯は?

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

tradingtime.png

皆さんこんにちは、海外花子です。


FX取引にはいくつかのスタイルがありますが、大きく分けると「短期トレード」「長期トレード」の2つ、もう少し細かく見ていくと以下の4つに分けられます。



《短期トレード》
① スキャルピング
 ポジションの保有時間:数秒〜数分(1回の取引で狙うのは1〜10Pips)
Pipsって何?

② デイトレード
 ポジションの保有時間:数分〜1日(基本的にお休み前には決済)

③ スイングトレード
 ポジションの保有時間:1日から数週間(相場の波を掴んで利益を狙う)


《長期トレード》
④ ポジショントレード
 ポジションの保有時間:数週間〜数年(為替益に加えスワップ益も狙う)



そして、短期トレード、特に「スキャルピング」や「デイトレード」を行う場合に必要なことは何でしょう?



① ある程度のレバレッジ

② 約定力の高い取引環境

③ 動きのある相場

ハイレバレッジ取引が可能で約定力の優れている海外FX会社は?

XM最大レバレッジは888倍
XM 口座開設



FxPro最大レバレッジは500倍
FxPro 口座開設



前置きが長くて済みません。。

今日は、「相場が良く動く時間帯」についてお話ししたいと思います。



《世界の為替市場時間》



FXは株式と異なり取引所取引ではないため、取引可能な時間が何時から何時までというしばりがありません。24時間取引可能です。

そして、「ロンドン時間」「ニューヨーク時間」というの耳にすることがあると思います。これは、その国のトレーダーが活発に取引をする時間帯を示していて、相場が動く時間帯を把握する上で需要なポイントになります。



世界の為替市場時間.png



《為替が活発に動く時間帯》

世界三大市場、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場のオープン前後2,3時間が為替が活発に動く時間と言われています。



・東京市場:9〜11時
・ロンドン市場:16~18時
・ニューヨーク市場:22~24時

※ 指標が発表されるのもだいたいこの時間帯です



とはいえ、アジア市場はヨーロッパやアメリカに比べて値動きが小さいと言われています。特に活発なのはロンドンとニューヨークの市場です。



ロンドン市場いおいて特に注意したいのは、「ロンドン・フィキシング」と言われる現象です。これが起こる時間は(日本時間夏午前0時、冬1時)大口の取引が入り為替が大きく動くケースがあるので注意が必要です。



ニューヨーク市場で最も大きな影響があるのは、世界の基軸通過を持つアメリカの経済指標発表です。特に毎月第一金曜日に発表される雇用統計は、大きく値が動くため注意が必要です。



入出金スムーズで安心「XM」

5000円の口座開設ウェルカムボーナス付き
XM口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


おサイフ口座で資金管理できる「FxPro」

FxPro口座開設サポートはこちら
FxPro 口座開設



《新規口座開設のお客様向け》
最高15000円キャッシュバックの冬の口座開設キャンペーン




《既存口座のお客様向け》
最高10000円キャッシュバックの追加入金キャンペーン

tsuika201702.png



      

初心者FXの最新記事


その他、初心者FXの関連記事はこちら