【初心者FX】取引数量の決め方

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

torihikisuryo.jpg


皆さんこんにちは、海外花子です。



今日は、初心者FXシリーズ!取引数量の決め方についてお話ししたいと思います☺︎



考える点は2つ、「取引可能な取引数量」「取引口座の資金はいくらまでの為替変動に耐えられるのか」です。



《取引可能な取引数量を知る》

ポジションを立てる際に、有効証拠金額とレバレッジによって取引可能な取引数量が決まります。


例えば USD/JPYの取引 1USD=100JPY の場合、、



花子:レバレッジ200倍、5000円の証拠金
→ 1万通貨までの注文が出せます。


計算式は・・・
5,000円(証拠金) × 200倍(レバレッジ) = 1,000,000円
1,000,000円 ÷ 100(レート) = 10,000 通貨(0.1ロット)



太郎:レバレッジ10倍、10,000円の証拠金
→ 1千通貨までの注文が出せます。

計算式は・・・
10,000円(証拠金) × 10倍(レバレッジ) =100,000円
100,000円 ÷ 100(レート) = 1,000 通貨(0.01ロット)



《相場が1円動くといくらの損益が出る?》

取引可能な取引数量はわかりました。次は、「どのくらいの数量の取引をするべきか」です。
1円動いた際にいくらの損益が発生して、取引口座の資金はいくらまでの為替変動に耐えられるのか、を計算しておく必要があります。



FXでは取引数量で利益額が決まります。
1万通貨のUSD/JPY取引で相場が1円動くと、1万円の利益又は1万円の損失が発生します。



花子:レバレッジ200倍、5,000円の証拠金、1万通貨の買い注文

① 1USD=100円で、1USD=101円に動いた場合に1万円の利益が発生。
② 1USD=99.5円(50銭動いた)に動いた場合に資金がなくなりポジションは強制決済され損失確定。


《計算式》
① 差額(101-100)× 10,000通貨 = 10,000円
② 差額(100-99.5)× 10,000通貨 = 5,000円



太郎:レバレッジ200倍、100,000円の証拠金、1,000通貨の買い注文 (20万通貨取引可能なところ)


① 1USD=100円で、1USD=101円に動いた場合に1,000の利益発生。
② 1USD = 0円(100円動いた)に動いた場合に資金がなくなりポジションは強制決済され損失確定。


《計算式》
① 差額(101-100)× 1,000通貨 = 1,000円
② 100,000円 ÷ 1,000通貨 = 差額 100



計算合ってますか?合ってますよね。。(数字に弱い文系花子。ちなみに兄の太郎はどちらにも強い。汗)



同じレバレッジで取引した二人。取引できる最大の数量でポジションを立てた花子は、50銭動いただけで資金を全額失ってしまいますが、証拠金に対して余裕のある数量で取引した太郎は実質的に強制決済にはなりません。たくさんの証拠金と少ない取引数量で取引するのが安全な取引ということですね。



日本語サポートが充実していて初心者にも安心な海外FX会社


「XM」
日本人スタッフ約20名。継続利用者が多い。

15000円キャッシュバック付きXM口座開設はこちら
XM 口座開設



「FXDD」
業界で初めて日本人向けのサービスを始めた先駆者。


5000円キャッシュバック付きFXDD口座開設はこちら
FXDD 口座開設



12月のトレードコンテストは条件を満たすともれなく5000円の参加賞!


tradecontest201612.png

      

初心者FXの最新記事


その他、初心者FXの関連記事はこちら