【FX初心者講座】FX取引に必要なこと

カバー写真

みなさん、こんにちは。海外太郎です。


一昨日の米国雇用統計はいかがでしたか?


発表前から相場がザワザワして変動が大きかったですね。
そして、発表直後は雇用数減のため、おおきく円高に振れました。
ドル円をショートしていた方はタイミングよく利益を得られたのではないでしょうか?


さて、Pivot Marketsの紹介を開始して以来、海外FXお役立ちガイドにはFX取引を始めて日の浅いお客様からのお問合せを多く頂くようになりました。


そこで、今回のブログ記事では、FX取引をこれから楽しんでいただくに当たって覚えておいてほしいことを4点ほどまとめてみます。


皆さんのご参考になれば幸いです。



投資資金は「なくなってもいいお金」を使う

FXだけでなくあらゆる投資にはリスクが付き物です。


大きく利益を得られることもあれば、損失が出ることもあります。


なので、FX取引をする際の資金は全額無くなってしまっても生活に支障がない程度のお金で行ってください。


これは、どんな投資をやるにしても大前提となるポイントです。



投資ルールを明確に

裁量で取引するにしろ、EAやシグナルを利用して自動売買をするにしろ、事前に投資ルールを決めてください。


そして、自分で決めた投資ルールを守ってください。


例えば、ストップロスやテイクプロフィットをエントリー時に入れたのならそれを安易にいじらない、ということが挙げられますね。


含み益が想定以上に伸び、テイクプロフィットで設定した水準を超えそうだという場合、テイクプロフィットを外したくなる誘惑に駆られますよね。


そのまま伸びてくれればいいんですけど、狙いすましたかのように相場が下がり始めて、結局はテイクプロフィットで利益確定しておいた方が良かった。


なんて、ことが意外に起こるんです。


なので、色んな誘惑や不安が押し寄せてきても、事前に決めた投資ルールに従うのをおすすめします。



利益確保は定期的に

FX取引に馴れてくると、自分なりの投資戦略で利益が出るようになってくるかと思います。


そうなってきたら、こまめに投資資金を回収しておくことをおすすめします。
理想としては、元手資金を回収して利益額だけで運用を回していけるようにすることです。


取引口座にいくら利益が貯まってても最終的にそれを手元に回収しないといけませんからね。



投資資金に見合った取引サイズを

ハイレバレッジ取引が海外FXの醍醐味ですが、投資資金と必要証拠金のバランスを無視してしまうと、FX取引を楽しむことができません。


レバレッジ500倍でスタンダードロットサイズ(10万通貨単位)で取引をしたいのなら、10万円くらい投資資金があれば比較的長く取引を楽しめるのではないでしょうか。

弊社のキャンペーン条件でもある5万円で取引をするのなら、ミニロットサイズ(1万通貨)で取引するのをおすすめいたします。


どうでしたでしょうか?
ここまで、FX取引をする際の重要ポイントを私の経験に基づいて書いてきました。


すべて基本的なことですが、書いていて自分でもその重要性を噛みしめていました。
みなさんのご参考になりましたでしょうか?


≪太郎おすすめの海外FX業者≫
★多くのトレーダーが選ぶのも納得のサービス内容 XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


★DMA方式採用 IFCM
IFCMの口座開設サポートはこちら
IFCMarkets 口座開設


★長く取引できる環境がある FxNet
FxNetの口座開設サポートはこちら
FxNet 口座開設


今月より新たに、「夏の口座開設キャンペーン」が始まりました。
こちらも是非ご活用ください!
夏の口座開設キャンペーン

      

初心者FXの最新記事


その他、初心者FXの関連記事はこちら