派手さはないけどおすすめしたい海外FX業者

カバー写真

みなさん、こんにちは。海外太郎です。
第22回海外FXトレードコンテスト中間結果、昨日発表されましたね。もうご覧になりましたでしょうか?


第22回海外FXトレードコンテスト中間結果

今回初参加のFxNetで取引をされているKerplunk2016さんが収益率299.60%で中間トップを迎えました。初追加でFxNetクラスタからトレードコンテスト優勝者が出るのか、非常に楽しみですね!


昨今のFX業界の優良ブローカーは2つの方向性を持っているように個人的に感じています。1つは、プロモーション、入出金、サポートなど顧客サービスの質を多面的に高めていく流れ。XMがこの代表例でしょう。多くのお客様からXMの非常に至れり尽くせりなサービスについて満足の声を頂戴しています。


もう1つはブランドとして持っている強み(例えば、約定スピードなど)に特化して"エッジ"を絶たせていく流れ。このグループとしては、Traders Trustなどが挙げられますね。このタイプも非常に惹かれるんです。


車で喩えるなら、前者はTOYOTAで後者はMAZDAでしょうか。どちらにもそれぞれの良さがありますよね。
最近、太郎としましては後者のグループの動きが個人的に気になって仕方がありません。


例えば、FxPro。


FxProは今年サービス開始10周年を迎え非常にノリに乗っています。昨日、公式ウェブサイトで2016年第1四半期の取引実行統計を発表し、注文執行能力が前期比に比べて向上したことが明らかになりました。2015年第4四半期と比較すると、下記の通りです。


・指値より有利な約定:46.93%(前期:37.5%)
・指値通りの約定:31.81%(前期:37.7%)
・指値より不利な約定:21.26%(前期:24.8%)
・有利なリクオート:2.23%(前期:2.99%%)
・不利なリクオート:2.78%(前期:2.96%)


【FxPro】2016年第1四半期の取引実行統計を発表

このように、取引環境データを公表して絶えずその改善に当たる姿勢はトレーダーとして非常に好ましいですね。


そして、Traders Trustもウェブサイトで高らかにマーケットメイカー(ディーリングデスク型のブローカー)でないことを宣言しています。


非マーケットメイカー宣言

実際、CySECのデータベースでもTraders Trust はライセンス規定上マーケットメイキングの権限を持っていません。だからこそ、上記の宣言が説得力を増すわけですね。
CySECライセンス状況



FxNetも、海外FX日本語サポートとして業界では有名なこあら子さんが公式ブログで自社について良い点も悪い点も包み隠さず正直に解説していて素晴らしいです。


FxNet公式ブログ



このように比較的華やかさには欠けますが、自社の得意な分野にリソースを注入してトレーダーに取引に専念してもらえるよう企業努力をしている海外FX業者もまた、信頼できる存在だと言えますね。


★取引執行能力を絶えず向上! FxPro
FxProの口座開設サポートはこちら
FxPro 口座開設


★トレーダーに対して誠実 FxNet
FxNetの口座開設サポートはこちら
FxNet 口座開設


★非マーケットメイカー! Traders Trust
Traders Trust の口座開設サポートはこちら
White image midium logo.jpg


春の口座開設キャンペーン、大好評実施中です!
春のキャッシュバック増額

      

TradersTrustの最新記事


その他、TradersTrustの関連記事はこちら