【2016年確定申告その1】海外FX確定申告に向けて年間取引レポートを取得しよう

カバー写真

2015年分の確定申告の期間が少しずつ迫ってきていますね。今年は2月16日から3月15日までが、確定申告期間となっています。こんにちは、海外太郎です。


海外FXをやるに当たって絶対に避けて通れないのが、海外FXの損益の確定申告
国内FXの確定申告とは扱いが少し異なるので注意が必要です。


海外FX初心者で、今回初めて確定申告をされる方もきっといらっしゃるでしょう。


そんなわけで、今回の記事から数回にわたって、海外FXの確定申告について書いていこうと思います。ブログカテゴリで「確定申告」というジャンルでまとめておきますね。


今回は、確定申告の前段階として、必要書類となる「年間取引レポート」を取引プラットフォームから取得する方法を説明します。ここでは、MT4を例とします。


「口座履歴」タブを表示

MT4を立ち上げてログインしたら、MT4下部のターミナル画面より、「口座履歴」タブを表示してください。

年間取引報告書取得その1


履歴期間を設定

ターミナル画面を右クリックし、「期間のカスタム設定」を選択します。

年間取引報告書取得その2


「期間のカスタム設定」ウィンドウが出てくるので、2015年1月1日から2015年12月31日と指定して、
OKをクリックします。

年間取引報告書取得その3


レポートを保存

ターミナル画面に、指定した期間の取引履歴が表示されるので、これを保存しましょう。ターミナル画面上で
右クリックをし、「レポートの保存」を選択してください。

年間取引報告書取得その4


保存場所とファイル名を指定して保存しましょう。レポートは、.htmlファイルで保存されています。


レポートを確認

保存したhtmlファイルをブラウザで開くと、下のようなレポートが表示されます。

年間取引報告書取得その5


レポートに明記されている「Closed Trade P/L」が年間の確定した取引損益となります。

年間取引報告書取得その6


外貨建て口座を利用している場合、取引日のレートで円換算して確定申告をする必要があります。
やはり、確定申告を考慮すると、円口座の方がよさそうですね。


≪おすすめのMT4海外FX業者≫
★抜群のブランド力 XM
XMの口座開設サポートはこちら
XM 口座開設


★安心の老舗業者 FxPro
FxProの口座開設サポートはこちら
FxPro 口座開設


★圧倒的約定力を誇るFxNet
FxNetの口座開設サポートはこちら
FxNet 口座開設

      

税金関連の最新記事


その他、税金関連の関連記事はこちら